カルマパ17世との謁見

2004年の冬、インドのサルナートのチベット寺で
カルマパ17世の謁見というチャンスに恵まれた。
カルマパとはチベット仏教4大宗派のひとつカギュ派の高僧、活仏。
1999年の年の瀬、当時14歳だったこの高僧はチベットを出国し
翌2000年にインドに亡命した。
当時、世界中にこのニュースは発信されたので記憶にある方も多いかと思います。
私も良く覚えている。
配信されたあどけない少年の写真を見て
この少年がダライラマ14世と並ぶ“活仏”なのか、、、、と驚いた覚えがあります。

この時、滞在していたバラナシのレストランでたまたま同席した方が、
今日、カルマパ17世に謁見してきたと言う。
来週の水曜日が外国人の謁見の日だとのこと。
ダライラマ14世は何度も来日されているし、この先謁見の機会に恵まれることもあるだろう。
しかし、カルマパ17世との謁見はこの機会を逃すと次がないような気がした。
来週の水曜日。ちょうど私の誕生日でもある。
よし、行ってみよう。

サルナート。
バラナシからバスで1時間くらいの距離にある。
ブッダガヤの菩提樹の下で悟りを開いた仏陀が、初めて説法を説いた場所。
チベット寺、日本寺など、世界中の仏教国(日本も仏教国かな?)のお寺がある。
チベット寺にて謁見が行われるという。
が、午前中に行われていたチベット僧のための説法会が長引いたため、
外国人用の謁見がキャンセルされてしまった。
しかたがない。外国人に会うためにサルナートに滞在されているわけではないのだから。
それに、その日に謁見のために訪れていた外国人は私を含めたったの5人。
5人で謁見なんかしたら、こっちが緊張する。
その他大勢のなかで、遠くから拝見したい。私としては。

さて、どうしよう。次の謁見は来週になると言う。来週にはネパールで友人と待ち合わせだ。
しばらくお寺で写真を取ったりしていると
受付係りの僧侶がやってきて、午後からネパールからのチベット人団体との謁見があるという。
後ろのほうで座っているのならば、その団体と一緒に謁見してもいいよ、
ただし英語の通訳は付かないが、とのこと。
ご好意をありがたく頂戴することにする。
一旦お昼ご飯を食べに行き、戻ってくると、ネパール人団体さんが庭に集合している。
5人のお坊さんを筆頭に50人くらいの老若男女の団体だ。
その団体の後ろについて本堂に入る。

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です