山での出来事~ダージリン・シッキム 3~

お返しに、、、という訳ではないけど、今度は私がヤクさんの頭に手を載せてみる。
頭脳明晰な頭の持ち主――― きっと会社なんかではバリバリと仕事をこなすタイプなんだろうな。
ちゃんと地に足を着けることが出来る人なので、
どこにいても自分の心地よい居場所を見つけることができる。
外見も美しいし、なにもしなくとも人が寄ってくるタイプ。特に異性がウヨウヨよって来るタイプ。
旅をしていると、たまにこの手のタイプの人に会う。
別にドロップアウトしなくても実社会でちゃんとやっていけるのになんで?っていう人。
社会不適合者だけがドロップアウトしているわけではないという世の中。不思議。
手を胸の位置に置いてみる。
相当オープンな心の持ち主なので、ハートのチャクラだけは問題なさそうなんだけど、
かすかな「ひずみ」がある。なに?このひずみ?意識を集中してみるとなんだか苦しそうな表情になる。
どうしていいのか分からないので、ここで終了。
「癒しの手を持っているんだね、もっと人のために使わないともったいないよ」
私の手が癒しの手?確かに子供のころから肩揉みはうまいと親戚から褒められていた。
でもただの肩揉みである。
「私の手が癒しの手なら、世の中の人、みんな癒しの手の持ち主なんじゃないかな?」

こんな感じで数日間、ダージリンのドミトリーはヒーリングルームと化した。
不思議なことにやればやるほどお互い感覚が鋭くなっていく。
たとえば相手がほんの一瞬頭によぎった思いがなぜかキャッチできるようになる。
そう、急に「いや、その考えはおかしい!」と「うん、私も今それを考えていた」
言葉を使わない会話が成立してくるのが不思議。
そしてある日ヤクさんが言った言葉。
「ねぇ、あなたのカラダの奥深くに虎がいるんだよ。獰猛でものすごくエネルギッシュな虎。
でもね、今はまだ眠っている。そう、sleeping tiger。」
そんな感じで数日ダージリンで過ごし、もっと先のシッキムまで旅の連れとなる私達。
別々の宿を取っても、なんだか街角で再会したりして「じゃ、山登りにでもいきましょうか?」
「隣村まで行ってみよう」そんな感じで山登りやヒーリングを楽しんでいた。

そんなある日、朝起きた瞬間に「山を降りなさい、もう目的は達成されました。」という言葉が聞こえた。
、、、、確かに次の目的地があると言えばある。1ヵ月後にはネパールで友達と再会予定もある。
でも、、、こんな居心地の良い山の中、もう少し滞在したい。
この村にも慣れてきたし、他の旅人との楽しい出会いもあった。
もう少し滞在したい、、、、、でも、、、、
心の声にはちゃんと従わなくていけないことを経験から既に学んでいる。

旅の途中で知り合い、そして別れてそれぞれの旅路に進む。
何度も何度もそんな経験をしてきたけど、やっぱり楽しい時間を過ごしてきた人々とお別れするのは辛い。
「また、何処かで会おうね」さよならの代わりにそんな言葉を掛け合うのだけれど、
多分、再び会うこともない旅人たち。

ヤクさんにも挨拶していかなきゃな、でもやっぱり辛いな、、、黙って出発しちゃおうかな、、、、
ぼんやり考えながら村を歩いていると、前方からヤクさんがやってきた。
「あさって、山を降りることにしました。楽しかった、今までありがとうね」
「そうか、、、、だったら明日、ウチに泊まっていかない?美味しいレストランもみつけたんだ」
(そのころヤクさんは山の上で一軒家を借りて深い瞑想と山登りの修行の最中でした)
お呼ばれされて翌日山の中の一軒家を訪れた。
なんとも不思議な空間。周りの木々がものすごいエネルギーを発している。
「完全な調和」が取れている小さな空間。
、、、、こんなところを発見したヤクさんはやっぱりタダ者ではない。
水道も電気も通っていない山の中の家で長い時間語り合う。
「今度、生まれてくるなら私はこんな山の中に生まれてきたい。
都会や流行の遊びなんて知らなくていい。ただ山の自然に囲まれて穏やかに生きて死んでいきたい」
そんな来世への抱負?を語る私にヤクさんは
「自分は、、、、もう生まれ変わってこないような気がする。
今までたくさんの転生を重ねてきたことは分かっている。
でも、、、、自分には来世は来ないような気がしてならないんだ。
多分、これが最後の肉体の中の存在になるんだと思う。だから今、こうやって世界中を旅してたくさんの人との出会いを経験しているんじゃないかな?」

2度と会うことのない旅人同士。
ヤクさんには「また来世で会いましょう」とも言えない訳か。
私はまだまだカルマがいっぱいでまた生まれ変わってくるよ、きっと。
う~ん、この別れが益々辛くなってしまう。。。。。

横になってもほとんど眠れない時間が過ぎていった。
山を降りたら何処にいこうか?そこで何が私を待っているんだろうか?

ベットの正面に大きな窓がありそこから額縁に入ったかのように山が見える。
そろそろ朝が生まれる時刻だ。
ベットの中でぼーっと窓から見える山をみていると、、、、、、、、
その山から朝日が昇ってきた。
部屋に朝日が差し込む。部屋中が神々しいエネルギーに満ち溢れる。
なんて美しいのだろう。この世の景色ではない。私が今まで見たことのない美しい光景だった。
この美しさを独り占めするなんて勿体ない。
「ヤクさん、ちょっと起きてよ!」と隣のベットで眠っているその人の顔を見た瞬間、
全てを理解した。

遠い昔に、この隣で眠る人の魂に出逢ったことがあること。
何度も何度も出逢っていた、その当時の、相手に対して抱いていた
感情がいっきに私の中に流れ込んできた。
友人として、家族として時には人生の伴侶としてこの魂に対して私は様々な感情を抱いていた。
最初にヤクさんと会ったバスの中でどこかで会ったことあるけど思い出せなかった私。
なんで気づかなかったんだろう、もう何度も前世で会っていることに。

成田で、バングラディッシュで足止めを喰らったのも、
3日でカルカッタを脱出してしまったのも、
列車を直前になって変更したことも、
その列車で乗り過ごしたことも、
結局すべては山の中で「前世のお友達」と出会うためだったんだ。。
そしてヤクさんはどうやら最初から「前世でのお友達」であったこともわかっていたらしい、、、

そうだったんだ、、、、、、神々しい朝日を浴びながら身動きできない私の横で、
前世からのお友達は幸せそうにまだ眠りについている。

「おはよう、tigerさん」隣人がようやく目を覚ます。
何から話していいかわからない私は、
「ねぇ、日本人に生まれてきたことはある?」と聞いてみた。
「多分、生まれたことはあるとは思う。ブカブカのパンツを穿いて、髪の毛をきっちり結わいて、
、、、、サムライっていうのかな?そんな格好をしていたのを覚えているよ」
その時に出逢っていたのかな?
でも私自身はなんとなく日本に生まれてきたのは初めてのような気がする。
「1度、ヨーロッパに遊びにおいでよ。多分、tigerさんはヨーロッパに縁深い人だよ」
ヨーロッパ?私が?なんだか日本より縁遠い気がしてならない。
「いつか、招待するよ。ヨーロッパに」

出発の時間が近づいてきた。チャイを飲みながら車を待っている間も話を続ける。
お願い、まだ来ないで、車よ!!もう少し時間を頂戴!!
いくらインド時間の中にいてもいつかはその時が来てしまうものである。
「本当に、ヨーロッパにおいでよ。こんなこと、あんまり人に言わないんだけど。いつかおいでよ。」

「see you again(また会おうね)」なんだか白々しいような気がして言えなかった私。
もう会うことはないだろうけど、それが人生というもの、旅というもの。

「see you again, in this life」今生でまた会いましょう。
前世の友のこの言葉を最後に車は走り出した。

<終わり>

山での出来事~ダージリン・シッキム 2~

「チケット売り場はあっち。一緒に行ってあげるよ。」
旅先で知り合う旅人同士は国籍を超えて助け合あうこともしばしば。
「ついでに隣同士の席にしてもらおうよ、話しながらダージリンまでいけるしさ。」
う~ん、英語がいまいちな私。久々に使うさび付いた私の英語で大丈夫だろうか?
でも、この人、大変オープン・ハートな波動を持っている人。
私の英語でも許してもらえそうな感じだ。
「日本人なの?先月まで日本で禅の修行をしていたんだ。ほら、この帽子はシンジュクのタカシマヤで買ったやつ」
ヨーロッパ出身のこのヤクさん。ここ数年インドをベースとしてずーっと旅を続けている。
インドでヨガを習い、タイのお寺で修行し、そして日本へ。
ああ、若かりしころ、私もそんな旅をしていたな。
どうやら大変スピリチュアルな人のようである。真っ直ぐ人の眼を見て話す。
この人の眼、どこかで見たことのあるような気がする。
でも絶対に初対面のはず。誰か友達に似ているのかな?思い出せなくてちょっとイライラする私。

数時間してやっとダージリンに到着する。長い一日だった、、、、、、
既に日も暮れていることだし、今日は適当な部屋をシェアして明日からそれぞれの宿を見つけることにしよう、と話がまとまる。
それにしてもダージリン!!素敵な街だ。
山肌に張り付くように家々が建ち、坂道の多いこの街。
朝になればカンチェンジュンガ(ネパール・インド国境にある山)も見渡せるよ、と宿の人は言う。
そして、なによりも楽しみにしていたチベット料理も満喫できる。
ああ、今私は山の中にいる!!幸せな気分で眠りにつく。

翌朝早く、丘の上にビューポイントをあると聞いて登ってみる。
カンチェンジュンガと初対面。美しいクリスタルとアクアマリンを産出するこの山。
クリスタル好きの私にとって「聖なる山」である。
さぁ、今日はもう少し安い宿を探して落ち着かないと、、、、と思いながら
丘を下っていると、古ぼけた大きな建物が見えてきた。どうやら宿らしい。
ちょっと部屋を見てみることにする。
お客がまったくと言っていいほどいないこの宿。
ドミトリーでたったの40ルピー(110円)暖炉つき。
宿代の高いダージリンとしては破格な値段。
ドミトリーと言ってもお客はちっともいないのでこの広いドミトリーを占領できる。それも暖炉つき。
ヤクさんと「この宿に移ろう!!」と即決。
けどヤクさん、私と同室でいいの?プライベートな部屋が欲しくない?大丈夫?と聞いてみると。
「普段は人と部屋をシェアすることはないけど、まぁ、大丈夫。ひとりになりたくなったらそう言うから」
人の気持ちを察しあうことなく自分の言いたいことはハッキリと言う。
この「察しあい」をしなくていいというのが西洋人と付き合っていて楽なところ。
「でも自分は毎日瞑想をする。その邪魔さえしなければ問題ないよ」そう言ってもらえるとこっちは本当に楽。

早速新たな宿に移り、街に出て食料を買い込みダージリンティを入手して昨晩に続き
美味しいチベット料理を食べる。
日も暮れて寒くなると手に入れた蒔きを暖炉にくべる。
薪のパチパチ跳ね音だけのする山の中の宿。穏やかな静寂。
こんな時を過ごしたくて私はインドにまた戻ってくたのだな、、、、
横ではヤクさんが蓮華座を組んで瞑想している。
違う次元に入り込んでいる同室者なので今、現実の世界にいるのは私ひとり。
「ちょっとここで横になってごらん」と現実の世界に戻ってきたヤクさんが私の頭に両手を置く。
なんだかヒーリングを受けているようだな、、、、
そして昔見た「白い手」の夢を思い出す。
真っ暗な空間の中でひとりたたずむ私の頭上に下りてきた。大きな真っ白に輝く神々しい手。
どうしてもその手に摑まりたくてもがくけど、その手に触れることができない。
暗黒の世界から引っ張り出してくれそうなその手。でも結局その手には触れることもできなかった。
、、、、なんだか現実の世界であの白い手が戻ってきてくれたんだな、この山の中で。

しばらくすると数年前に死んだ父のことを思い出す。
現実社会にうまく適応できなくてお酒に逃げてしまった父。
決して「良き父」ではなかった。
それでも彼が死んだとき、私にとってはこの世で唯一の父親であり肉親だったので悲しかった。
少しばかりの涙も出た。でもどこかで死んでくれてホッとしている自分もいた。
彼の死後、ほとんど思い出すことは無かったのに今、私の心の中に父がいる。
そして、やっとわかった。
彼は現実社会で生き抜くことが下手な魂の持ち主であったこと。
生活の糧を得る父として、夫としての役割に耐えられなくなり階段を踏み外すごとくお酒に溺れていったこと。
私がフラフラと旅をしてる時期、賛成もしなけば反対もしなかった。
ただ一言「俺が今の時代に生まれていたなら、きっと同じようなことしてただろうな」
要するに私と父はとても似たもの同士だった。現実社会不適合なところも含めて。
父がとても愛おしく思えてきた。
そんな感情を持ったのは生まれて初めてのことだった。
そして生前もっと父を助けることが、本当はできたのではないか?と思った。
きっとできたはず。でも私は手を差し伸べなかった。
魂が抜け落ちていくその過程を冷ややかな気持ちでただ傍観していただけだった。

歳を重ねたせいか「自分のために泣く」といったことができなくなっていた私だったけど
この時はさすがに涙を止めることができなかった。
知らない人の前で泣くなんてちょっとはずかしかったし
大体、人前で泣くなんて「若さの特権」だと思っていた。
喉と胸が締め付けられるような痛みとともに涙が溢れ出した。
半べそをかきながら、ヤクさんにさっきまで自分の中に起こったことをぼそぼそと話す。
ただ慈悲深いまなざしで、私の下手な英語をうん、うんと言いながら聞いてくれた。
こうやって人の話をただ聞いてくれる人って、とってもありがたいな、と思った。

<続く>

山での出来事~ダージリン・シッキム 1~

今回はダージリンに行こう、日本を出る前からそう決めていた。
美味しいチベット料理が食べられるインドの山岳地帯は私のお気に入り。
久々のインド行きにテンションも上がりっぱなしだった私だったけど、
いきなり成田空港で足止め。そう、オーバーブッキングで翌日便になってしまった。
そして次のバングラディッシュでもフライトキャンセルを喰らい、ダッカで1日足止め。
なんだか今回の旅、リズムが狂うな、、、、と予定より2日遅れてカルカッタに到着。
しばらくカルカッタでインドの空気に慣れてから動き始めよう、、、、と思っていたら
同じドミトリーのドイツ人のおばさん、世話焼きで人はいいのだけど
完全にいっちゃっている。朝の6時から聖なる説法が始まる。
宇宙の扉が開きエナジーが降り注ぐのよっ!!
と瞳孔開きっぱなしで1時間に渡る説法は既に2日目に突入。
う~ん、ちょっと辛い。予定よりちょっと早いけどダージリンに行こう!!とチケットを買いに行く。

予約票を記入して順番を待っていると、隣に座っていたインド人らしき男性に声を掛けられる。
「ダージリンに行くのか?だったらその列車はお勧めしないな」と。
なんでも私の乗ろうとしていたその列車、外国のガイドブックに載っている有名な便で
それに乗ってしまうと次に乗り換えるトイ・トレイン(ダージリンで有名な山岳列車)のチケットを
購入するのが大変らしい。、「みんな一斉に下車してトイ・トレインのチケットを購入しようとするからね。
その便よりもう1本前の列車のほうがいい、ゆっくり朝食でも食べてから
トイ・トレインのチケットの順番待ちに並べるよ」と。
この人、実はインド人でなくてバングラディッシュ人のツアーガイドさん。
クライアントのチケットを購入しにこのリザベーション・オフィスにしょっちゅう出入りをしているらしい。
時刻表の見方の分からない他の旅行者やチケットの買い方がわからずオフィスをうろうろしている
外国人に声を掛け、なんだか職員のようにみんなに親切を振りまいている。
時刻表を調べて予約票の書き方まで教えてくれる。妙に親切な人である。
妙な親切、、、、インドでは疑え、が鉄則だけどなんだけど金銭を要求するそぶりもないし、
ホテルのプロモーションを始めるわけでもなく、純粋に親切な人のよう。
ありがとう、、、、インドで、それもインドの都会で純粋な親切を受けるのは稀なこと。

翌日の夕方、カルカッタ駅から夜行列車に乗る。
翌朝8時には目的の駅に付いてそのあとゆっくり朝食を取りトイ・トレインに乗って
ダージリンに到着できる、、、、はずだった。
、、、、、寝過ごしました。
目的の駅を通過して1時間ほど後に、蚕棚のような寝台列車の中で眼が覚めました。
だいたい、この列車に乗り続けてしまうとアッサム州に入ってしまう。
なんだったらアッサムに行ってみようかな、、、これからの時代はダージリンティーでなくて
アッサムティーかも、、、なんてのんきに構えていた私だったけど、
「アッサム州南西部はボド族分離主義者の暴動で立ち入れないことがよくある。
北東部を列車で移動する際には、強盗にある危険がある。必ず現地の治安状況を確認すべきである」と
ロンリープラネット557ページに書かれていたことを思い出す。
キナ臭い国のキナ臭い場所はもうこりごりな私。
「私、ダージリンに行きたかったのだけど、、、、」周りの乗客にそう告白することにした。
「お前、もうとっくに駅は過ぎているぞ!!」みんな大慌て。
蚕棚の上から私の荷物を降ろしてくれたり、車掌さんに聞いてくれたり。
「次の駅で降りなさい」とみんなが教えてくれる。
ありがとう、みんな。でも降りてからどうやってダージリンに行けばいいのだろう?
周りのインド人が知っているはずもない、、、よな。どうにかなるさ、、、、、きっと。

降りるべき駅を過ぎてから1時間30分。やっと列車は停車する。
、、、、その駅で降りたのは私だけ、の小さな、恐らくガイドブックには載っていないであろう駅。
改札を出ると、サイクルリキシャのおじさんがひとり。
「げっ、なんで外人がいるんだ?」驚くおじさん。
「私、ダージリンに行きたいのだけど、、、、」予想通り英語は通じない。
ヒンディー語でも試してみるが、ダメ。ああ、ここはベンガル地方。ベンガル語でないとダメなのか。
とにかく「ダージリン、ダージリン、ダージリン」と連呼する。
「よし、わかった、乗れ」というジェスチャーをするおじさん。
もちろん、標高2000メートルのダージリンまでリキシャで連れて行ってもらえるとは思っていない。
どこかバス停まで連れて行ってくれるんだろう、、、、、、
田舎道を走ること30分。やっと舗装されている道路に出る。
人が集まっているところを見るとどうやらここにバスが来るらしい。
やっと来たローカルバスに乗り、「ダージリン行きのバスの出るバスステーションまでお願い!」の英語で通じた!!
バスに乗り込むとどっと疲れが出た。
なにしているんだろう?私。
大体今回の旅はまったくもって予定通りに物事が進まない。
成田で、バングラディッシュで足止め。ゆっくり滞在するはずだったカルカッタも3日で脱出。
トドメは列車の乗り過ごし。、、、、インドにお呼ばれされていないのかも、私。相当弱気になる。

1時間ほどで大きなバスステーションに到着する。
どうやらここからダージリン行きのバスが出発するらしい。
トイ・トレインに乗りたくてダージリンを目指した私。
でもすでにトイ・トレインは出発している。乗るには明日まで待たなくてはいけないはず。
もう、どうでもいいや。どんな交通手段でもダージリンに到着できればいい。
「終点・ダージリン」だったら寝過ごすこともないわけだし、バスで行ってしまえ!!
広いステーションを探すとダージリン行きのバスを発見。
人があまり乗っていないところをみるとすぐに出発するわけではなさそうだ。
よし、次はチケット売り場を探さないと、、、、と思っていたら
バスの窓際に外国人が座っているのが見える。
「すみません、チケット売り場は何処ですか?」
私が声を掛けたその人が、これから始まる「ちょっと不思議なこと」を共有することになる
山の中での旅パートナーだった。