Give and Take

先日書いた「不法入国に成功した人」に遭遇した後
ずっと自分の初めてのインド旅行を思い出していた。

初めての一人旅がインド
まったく英語が話せない
情報もインターネットのなかった時代、たよるは某旅行ガイドのみ
まったく無知で、故に怖いもの知らずの勢いだけはあった。
持ち合わせていたのは、ただ「インドに行きたい」という気持ちだけ。
一番やってはいけない「真夜中のデリー空港到着」もした。
お約束通り(?)空港でひと悶着あったが、
金品・命を失うことなし、旅行代理店に連れていかれて高いツアーを組まされる訳でもなく
デリーのホテルで朝を迎えることができた。
翌朝、周りの旅行者に「エライ、よく無事にここまで辿りつけた!」と握手をされた。
何故、そんなに褒められて握手をされるのかがわからない。
無知だったからだ。
日本の安全な世界しか知らなかった私はなにが「あぶない」のかがわからなかった。

道中、随分色々な人に助けられた。
様々な人が手を差し伸べてくれた。
日本人旅行者だけでなく、他国の旅行者、もちろんインドの人々にも。
赤痢で倒れ、入院し動けなくなった私をイギリス人の姉妹がなにかと世話をしてくれた。
限られた時間の旅で、自分達の旅行計画を変更してまで。
心苦しくなった。
与えられっぱなしで、自分はその人達になにも与えることができなかったから。
Give and take ではなくて、ひたすら take take take だった。
勿論、なにかを与えたくとも私にはなにも与えるものなんてなかった。
周りは旅慣れた人ばかりだったし、私の旅情報なんてとっくにみんな知っている。
私が流暢な英語でも話せるなら、言葉で困っている人を助けられるかもしれないが、
見事なほど英語を話せない。
随分と落ち込んだ。「これも人徳ってヤツ?」と開き直れるほど根性も座ってなかった。
落ち込むたびに私の手元にやってきたクリスタルに話かけていた。

そして、ある日、、、というよりある瞬間に閃いた。
「私は手を差し伸べてくれた相手に対して、なにも与えることができなかった。
でも、もしこの先、誰かの助けを必要としている人が目の前に現れたら、
進んで手を差し伸べよう、それで「チャラ」にできるのでなないか?」と。
自己流のgive and take。

今でも道中、まだ旅のコツをつかめなくてオドオドしている人や、
パニックに陥っている旅人に遭うと、
どれだけ心細いのか、どれだけ緊張しているのかが手に取るようにわかる。
怖いもの知らずで、勢いで飛び出してきた昔の自分がそこにいる。
とても素通りすることはできない。

***********************************************************

今読んでいる本にこんな一文がある
「恐れは自分が恐れているものを引き寄せる。泥棒を恐れれば、泥棒はやってくるだろう。
火事を恐れれば、火事の被害者になるだろう。(中略)
悪魔を恐れるなら、悪魔はあなたの中に姿を現すだろう。(中略)
あなたが悪魔から逃げている間中、それはあなたの影のようにあなたについて回るだろう」
Luc Bourgault著「american Indian secrets of crystal healing」 page47 “aquamarine”

無知で怖いもの知らずだった私。
それ故に良き出会いに恵まれ、旅をすることができたのかもしれない。もしかすると。

今現在はどうか?
道中、様々なトラブルを見聞きしてきた。
親しい人間がトラブルに遭遇し、その痛ましい現状を目の当たりにもした。
旅慣れた分「恐れ」が私の中に蓄積された。
正直、昔より構えて旅をすることが増えたような気がする。
それをどのように打ち破っていくかがこれからの課題のような気がする。

旅先でのハプニング

色々な国を旅していると様々なハプニングがつきものです。
それを旅人同士「こんな目にあった」「あんな目にあった」と
酒の肴に笑い飛ばすひと時もまた楽しいもの。
また、日本ではなかなかお会いできないような人格者に出会えるのも旅ならでは。
私も10年近くインドに通わせていただいているので、多少のネタは持ち合わせている。
インドで出会った「久々の大ヒット」のお話。

それはインド・デリー空港での出国時のこと。
出国手続きの為に長い列に並んでやっと私の番がきた。
無事スタンプを押してもらい、ブースを離れようとしたら、
係員に、「英語は喋れるか?前にいる英語の話せない日本人の通訳をしてくれ」と言われた。
その場に行ってみると、初老の日本人男性がひとり。
どうなさったのですか?と聞くと、
「スタンプがないから、、、、飛行機に、、、、係の人がパスポートを持って行った、、、わしにはようわからん」
私にもようわからん。
彼のパスポートを見ながら話合っている係員達を掴まえ、話を聞いてみると、
彼のパスポートにはインドの入国スタンプが押されていない、どうしてなんだ?これでは出国はできない、と言う。入国スタンプがない?なんのことだ?
その男性に聞いてみる。「えーと、4日前にインドに来ましたよね?空港に着いて、荷物を取る前に、こんな感じのパスポートを見せるところがありましたよね?そこで、パスポートを見せた時にスタンプを押してもらいませんでしたか?」
すると、その男性は、「あぁ、確かあった。でも早く荷物を取らなければいけないと思って素通りした。誰にも止められなかったですよ。」!!!!!!

少し説明すると、成田空港の出入国審査場はブースが横一列に並んでいるので、
素通りなんて基本的には不可能ですが、
デリー空港では、ブースが縦二列、それが五つくらい並んでいる。
よって素通りしようと思えば「前のブースで審査を終えた人」のふりをすれば
それも可能と言えば可能。そして係員のほうだってまさか身なりのいい日本人が
入国審査を素通りするとは思わない、、、、だろう。
でもこの方はそれをやってのけた。すごい!

感心してばかりいられない。それって、不法入国?密入国?その由を係員に伝えると、
「彼の入国履歴は我政府に残されていないのだ!このままでは出国できない!」
慌ててどこかに消え去る係員。まさにインド人もびっくり。私だってびっくりだ。
ちっとも慌てていないのは本人だけ。
「明日には所要があって、、、、今日中に日本に帰れますかね?」
そこを動くな、待っていなさい、と言われてしまっては私も一緒になってまっているしかない。しばらくお話の伺っていると、
その男性は仏教遺跡を見たくて、一人で来印。初めての海外旅行。
ツアーでの旅行が日程的に合わなかった為、
旅行会社にプランを作ってもらい、専属ガイド付き、車をチャーターし4日間の旅を終え、帰国するはずたった、、、とのこと。
「インドにもう一泊しないとだめでしょうかね?明日の便になってしまいますかね?」
一泊どこじゃないよ!不法入国者!とは言えず
「日本国籍ですから・・・大丈夫ではないかと・・・」と訳の分からぬことを言ってしまう私。

約30分後、係員が戻ってくる。
よくわからないが、普通の出国スタンプのほかに、
見たことのないスタンプと誰かエライ人のサインがされたパスポートを
男性に渡し、大丈夫、行ってよし、とのこと。よかったよかった。
「本当に助かりました」とお礼にマルボロを一箱いただく。70ルピーもする高級タバコ。
こちらこそありがとう。

チベット医学

チベット医学をご存知でしょうか?
インドのアユルヴェーダと中医学の影響を受けたと言われているチベット医学
これを説明し出すときりがない、、、
というより知識不足のため説明ができないだけなのですが
知識よりも体験、ということで、私が経験したチベット医学をご紹介します。

カトマンドゥで風邪をこじらせた。
ネパールの前に滞在していたインドで「少し風邪気味かな?」と思っていたが、
ネパールに到着して寒さと排気ガスによる空気の悪さで更に悪化した。

発熱はしていなかったが、とにかく咳がひどい。
咳のしすぎで腹筋背筋が筋肉痛だ。
ここ3日間、咳のせいでまともに寝ていない。
気管支の弱い私は慢性気管支炎になってしまうことを恐れていた。
インド製の咳止めシロップを飲んでみたがちっとも咳は止まらない。
いつも旅に出る時には日本製の薬を持っていくのだが
今回だけはなぜかそれを怠った。
弱ったな、じきに肺が破れるのではないか?
そこでネパール在住の知り合いにチベット医学の病院(というか診療所)を紹介してもらった。

チベット人医師の自宅(多分)にある小さな診療所だった。
午後一番の受診だったがチベット人の患者さんが数人受診待ちをしていた。
まずは問診。
症状は?食欲はあるか?下痢はしていなか?などなど一般的な問診のあとに脈をとる。
じーと、集中してひたすら脈を取る。
ふんふん、とうなずいた後、処方箋を書き始めるドクター。
「4日分の薬を出します。4日経っても良くならなければ、また来て下さい」とのこと。
正味5分もなかったと思う。

別棟の医局で処方箋を渡し、薬を貰う。
確か300ルピー(500円弱)支払ったような気がする。
薬代のみで診察料は無料。無料というか、診察代はドネーション(心づけ)ということで
ドネーション・ボックスが置いてある。
どの位心づけをすればいいのかわからず、とりあえず100ルピーほど箱に入れる。
「学生、チベットから着たばかりの方(難民という意味だろう)は無料です」と言う意味のことが書かれている。
勿論、この学生と言うのは外国人学生旅行者のことではない(多分)
現地の学生っていう意味のことだ。
この無料というのは診察代が無料なのか、薬代も無料なのかちょっとよくわからなかった。
(なにか書いてあったが、こっちも体調が悪いので英語を読むのが面倒だった。)
まぁそれにしても、気持ちの良いポリシーだ。

渡された薬は朝昼晩の一日三回服用。
大小様々なウサギのうんこのような丸球。色からしてもうんこだ。
それぞれ微妙に色も違うし、匂いも違う。
草原の香り、、、と表現すれば格好がつくが、ようは草の匂いである。
玉が大きすぎて飲み込めないようなら、砕いて白湯で溶かして飲んでくださいと言われた。
もちろん、こんな大きい玉は飲み込めない。
白湯に溶かしてまずは一回分を服用するが、
とにかくまずい!苦い!青汁以上である。
本当にウサギのうんこだったらどうしよう、もしかした牛かなぁ、と不安が過ぎる。
これを一日三回、4日間も飲み続けると思うと憂鬱だ。
まぁ、効かなかったら今度はちゃんとホスピタルに行けばいいのだし、、、、
さて効果はどうだったか?
これがバッチリ効いたのである。
昼、夜と服用し、床に就いたが、咳がぴったりと止んだ。
その代わり一気に熱がでた。
多分、38度は超えていたと思う。
平熱の低い私は38度を超えると思考能力が止まる。パーになるのである。
「ウサギのうんこってのも役に立つものだなぁ、日本でも試してみよう」と
イカれた頭にはそんなことしか浮かばない。
全身汗だくである。風邪を引いてしまうから着替えよう、(既に風邪は引いているのだか)と、
ズボンを頭から被ろうとする私。なにやっているのだ?
熱にも苦しい熱と心地良い熱がある。
後者の熱というのは「浄化のための熱」(だと自分では思っている)
毒素が体から放出される感覚が伴う発熱。まさに今、その発熱の中にいる。
「ウサギっていうのもは、、、、、すごいなぁ」イカれた頭でウサギに感謝しつつ
ベッドに沈むように、どこまでも深い井戸に落ちていくような感覚の中、深い眠りにつく。

しばらくしてドアのノックの音で目が覚める。
ホテルの従業員がスープを持って立っている。
心配したホテルのオーナーが部屋に届けるように指示したらしい。
真夜中に申し訳ないと思いつつありがたくスープを頂く。
いや、違う。真夜中の2時ではない。今は午後の2時だ。
昨晩は9時に寝た。私は17時間も寝ていたことになる。
既に熱はない。ちょっとフラフラするが体が軽くなっているし咳も出ない。
すごいぞウサギ、ではなくてチベット医学。

その後、めきめきと回復していく。
3日目には「もう苦い薬は飲みたくない」という余裕が出てきた。
アユルヴェーダ、漢方などは即効性はない、と聞く。
しかし、西洋医学の薬を服用してもこんな即効性は期待できない。
たまたま偶然その晩に浄化の熱が始まったのか?
その後もチベット医学にお世話になる機会がないので比較することもできないが、
少なくとも浄化の熱を誘発する作用があったと思う

ウサギのうんこ呼ばわりして申し訳なかったな、と反省。
しかし今でもウサギを見ると「あの時はありがとう」と無意識に感謝してしまう自分いる。