旅先でのハプニング

色々な国を旅していると様々なハプニングがつきものです。
それを旅人同士「こんな目にあった」「あんな目にあった」と
酒の肴に笑い飛ばすひと時もまた楽しいもの。
また、日本ではなかなかお会いできないような人格者に出会えるのも旅ならでは。
私も10年近くインドに通わせていただいているので、多少のネタは持ち合わせている。
インドで出会った「久々の大ヒット」のお話。

それはインド・デリー空港での出国時のこと。
出国手続きの為に長い列に並んでやっと私の番がきた。
無事スタンプを押してもらい、ブースを離れようとしたら、
係員に、「英語は喋れるか?前にいる英語の話せない日本人の通訳をしてくれ」と言われた。
その場に行ってみると、初老の日本人男性がひとり。
どうなさったのですか?と聞くと、
「スタンプがないから、、、、飛行機に、、、、係の人がパスポートを持って行った、、、わしにはようわからん」
私にもようわからん。
彼のパスポートを見ながら話合っている係員達を掴まえ、話を聞いてみると、
彼のパスポートにはインドの入国スタンプが押されていない、どうしてなんだ?これでは出国はできない、と言う。入国スタンプがない?なんのことだ?
その男性に聞いてみる。「えーと、4日前にインドに来ましたよね?空港に着いて、荷物を取る前に、こんな感じのパスポートを見せるところがありましたよね?そこで、パスポートを見せた時にスタンプを押してもらいませんでしたか?」
すると、その男性は、「あぁ、確かあった。でも早く荷物を取らなければいけないと思って素通りした。誰にも止められなかったですよ。」!!!!!!

少し説明すると、成田空港の出入国審査場はブースが横一列に並んでいるので、
素通りなんて基本的には不可能ですが、
デリー空港では、ブースが縦二列、それが五つくらい並んでいる。
よって素通りしようと思えば「前のブースで審査を終えた人」のふりをすれば
それも可能と言えば可能。そして係員のほうだってまさか身なりのいい日本人が
入国審査を素通りするとは思わない、、、、だろう。
でもこの方はそれをやってのけた。すごい!

感心してばかりいられない。それって、不法入国?密入国?その由を係員に伝えると、
「彼の入国履歴は我政府に残されていないのだ!このままでは出国できない!」
慌ててどこかに消え去る係員。まさにインド人もびっくり。私だってびっくりだ。
ちっとも慌てていないのは本人だけ。
「明日には所要があって、、、、今日中に日本に帰れますかね?」
そこを動くな、待っていなさい、と言われてしまっては私も一緒になってまっているしかない。しばらくお話の伺っていると、
その男性は仏教遺跡を見たくて、一人で来印。初めての海外旅行。
ツアーでの旅行が日程的に合わなかった為、
旅行会社にプランを作ってもらい、専属ガイド付き、車をチャーターし4日間の旅を終え、帰国するはずたった、、、とのこと。
「インドにもう一泊しないとだめでしょうかね?明日の便になってしまいますかね?」
一泊どこじゃないよ!不法入国者!とは言えず
「日本国籍ですから・・・大丈夫ではないかと・・・」と訳の分からぬことを言ってしまう私。

約30分後、係員が戻ってくる。
よくわからないが、普通の出国スタンプのほかに、
見たことのないスタンプと誰かエライ人のサインがされたパスポートを
男性に渡し、大丈夫、行ってよし、とのこと。よかったよかった。
「本当に助かりました」とお礼にマルボロを一箱いただく。70ルピーもする高級タバコ。
こちらこそありがとう。

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です