うっとりしながら、クリスタルを磨く

2010/09/09 01:11:13

先日眼を覚ますと、風の匂いが違って、太陽の光も違って、

そうだ、クリスタルを磨こうと思い立つ。

ガンガー・ジャル(ガンジス河の聖水)はまだまだたくさんあるし

大きなクリスタルたちを活性化させてあげよう。

プライベートのクリスタルではなく、商品のクリスタルたちに対しては

なかなかひとつひとつに意識を向ける時間が少ない。

そして、いつかは此処からから旅立つのだから、

プライベートのクリスタルと違って、仮の持ち主(私)と一体化することはできない。

とても微妙で、でもはっきりした一線を引いて付き合うことで距離を保っている。
ひとつひとつのクリスタルたちを、ガンガー・ジャルで磨く。

見る見るうちに、輝きが増してくる。

「どうしてなんだろう?」いつも疑問に思うのだけれど、

とある友達は言った「クリスタルは、人間より”素直 ”だから水の違いにも素直に反応する」
ああ、こんなにも美しい光を宿していたのか。ひとつひとつのクリスタルが

輝きを増すごとに、うっとりと見惚れてしまう。

ちっとも仕事ははかどらない。

時間を掛けて、じっくりと磨く。

テーブルの上でしばし、乾燥。

部屋の空気が、ピシッと「キマる。」

そして、私自身の、どこか眠っていたような、ダレていたような

心の一部が覚醒する。

クリスタルを磨いていたつもりだけど

その行為は、私自身の曇っていた感覚を磨いていたのかもしれない。

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です