ぼくと1ルピーの神様

2011/12/26 12:48:15

映画「スラムドッグ$ミリオネア」の、原作の小説。

映画よりよっぽどおもしろいよ、、、と人に勧められて

いまさらながら読んでみた。

うん、断然、小説のほうがおもしろい!!
10月のミュンヘン行きの、長時間フライトのために、、、、と

このボリュームのある本を購入したのだけど。

、、、したのだけど、「ちょっとさわりだけ読んでみよう、、、」と

読み始めたら、もう止まらなくなって、読破してしまった、ミュンヘン行きの前に。

ぐっと引き込まれるストーリー展開だ。

悲惨なインドの、恵まれない人々の現実がそこにある。

これ、「物語」でなく、本当にそんな現実が存在している。

もちろん、過去のはなしでもない。
映画と原作ではストーリーも、そして結末も少々違ってくるので、

映画を見た人でも「原作としてではなく」、別の小説として楽しめるかも。
原作のほうがいいよ、、、、とお勧めなんだけど、

映画の中で、路地裏からひょっこりクリシュナが現れるシーンがある。

とても印象的で、幻想的なシーンだった。

そして、本当にひょっこりとクリシュナが現れそうな場所や、

その瞬間が、あの国には存在するんだよね。

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です