足元に大地、空に太陽、星、月

2015.07.07

息を呑むほどに美しいラブラドライト

 

万年偏頭痛持ちの私は、年に数回、爆発的頭痛の発作を起す。

今年の梅雨に入ってから珍しく超ド級の偏頭痛を2度ほど体験。

「今年の梅雨は、いつもと違うぞ」

頭痛持ちはみんな気圧の変化に弄ばれて苦しむのが宿命なのだけど

今年の梅雨はなんだかスペシャル級。

爆弾低気圧ならぬ、爆弾偏頭痛。

病院処方の薬を飲んでなんとかしのぐのだけれど、

頭痛は治まった、でもその薬の影響か、病み上がりのせいか

足もとが5センチくらい浮いたような、意識はあるのだけど

「しっかりしていない」状態がしばらく続く。

こんなときは、とんでもないケアレスミスを起したり

アポイントメントの日にちを間違えたり、結構な日常生活への影響が。

しっかりしろ、自分。

そう言い聞かせるのだけれどとても不安定な「浮き足」が続く。

そんな日々の中、「青の世界に入り込め」

声にならない声を聞く。

そんなときに目に入ってきたラブラドライト。

浮き足立った状態で青の世界に入ったら、「抜けて」しまうのではないか?

そんな不安が過ぎるわけなんだけど、

その石を手に取っても「青の世界に入り込め」と何かがささやく。

大地を踏みしめるサポートをするから、と。

ラブラドライトと共に時間を過ごしていたある日の朝。

いつものようにマントラを唱えていると

自分の足元に「大地がある」ことを実感する。

足元を見つめ、そして上を見上げると、

そこには「太陽がある」ことを実感する、喜びと共に。

夜には、大地が眠り、そして空には月と星があることを実感する。

視覚的にその存在を認識するのではなく、その存在を実感する。

私はなんて素晴らしい世界で生きているんだろう。

気がつくと「しっかりしていない」自分は消えて

大地と、太陽、月、星の「中間」の空間で私はこれからも

喜びを持って生きていくことを知る。

 

「生きることは、創造すること、愛すること」

遠い昔に、私に語りかけてくれた友人がいた。

多分、私はこれから先、彼のこの言葉が導く方向へ

歩いていくのだと思う。

 

石は私にとってマスター。

まさか、ラブラドライトがこんな気付きをもたらしてくれるとは

想像もつかなかったのだけれど。

 

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です