ネパールでの仕入れ 2 2008/07/09 18:54:54

さて、次なる仕入れ先に向おう。

次ぎの仕入れ先はきれいな石もジャンクな石も、混ぜこぜ・宝探しをするように
石をチョイスする(しなければならない)お店。

普通、外国人用にキレイな、グレードの高い石を店主が前もって選別して見せてくれる、、、、
このパターンなんだけど、このお店はそんなプロセス一切なし。
、、、でも時々石コロに混ざって素晴らしい石を発見できる、、、
クリスタル・ハンター冥利につきるお店。

そしてここの店主はネパール人に珍しく、口数の少ない人。
「どこの出身だ」「ネパールは何度目だ?」とかの質問をされたことない。
かと言って、無愛想なわけではない。真剣に石を選んでいる私の傍で
ニコニコしながら「好きなのがあったら持っていってね、、」てな感じで、
ひたすらじーっと、選別作業を眺めている。
交わす会話は
「クリスタル、ある?」「YES」
「これ、いくら?」「◎◎△ルピー」
「ありがとう」、、、、、、こんなもの。
このお店と取引のあるインド人に「とにかく安いから」と連れていってもらったのが最初の来店だけど、
名前すら尋ねられたことがない。

ここで1時間ほどクリスタル選び。
私:「これ、いくら?」
店主:「◎◎△ルピー」
「名刺を渡すね、HPも持っているからさ、、、、」

あ、お兄さん、喋った!!「YES」と「◎◎△ルピー」以外に初めて喋った!
、、、、長年通い詰めるとこんなこともあるのか。
さてさて、まだまだ資金的に余裕があるので次のお店へ、、、、

なんと、つぶれていた、、、そのお店、、、、、
ちゃんと事前にアポイントメントを取らなかった私が悪い。

気を取り直して次ぎのお店、、、、、なぜかシャッターが閉まっている。
2日続けて、午前・午後と訪ねてもシャッターは閉まっている。
とうとう3日目に隣りのお店の人に「このクリスタル屋さん、お休みなの?」と聞いてみる。
「ああ、なんだかよく知らんけど、ずっとシャッターは閉まっているなぁ」

!!!!これにはちょっと困った。
本当に事前にアポイントメントを取るべきだった。
お店が移転したなら新しいお店の住所を教えてもらえるはずだし、
お店を閉めて自宅で卸だけやってます、、、ってパターンだってありうる。
最悪なことに、つぶれたお店も、シャッター閉まりっぱなしのお店も、
店主からもらった名刺を日本に置いてきてしまった。

う~ん、困った、仕入れ予定の半分くらいしか石を集めていない。
どうしよう、、、これでは「仕入れ」にならない、、、、、、

確か、遠い昔に、1度だけ行ったことのあるお店を思い出した。

そこはクリスタル専門店ではないけれど、ショーウィンドウに少しだけ
クリスタルが置いてあって、ふらっと入ったお店。
でも、心に響くクリスタルがなくて、「他にクリスタルある?」と聞いたら
「家に在庫がある。持ってくるから明日またおいで」と言われたお店。
、、、でも翌日からカトマンドゥでバイオレンス・ストライキ----新聞にはそう書いてあったけど
私の視点で見れば、単なる暴動、、、が起きて、結局行かなかったお店。
よし、あのお店に行ってみよう!あまり期待はできないけど、、、、、

「ハロー、クリスタルはあるかな?」
陽気なお兄さんが色々とクリスタルを見せてくれる。
でも正味1時間で選んだクリスタルは数えるほど。

「明日、家から持って来るから明日おいで。でもそれより家に来い。
そうすればたくさんのクリスタルを見せてあげるから、、、、」

いくらなんでも知らない人の家にいきなり行くのはなにかと問題。
その問いかけはさらりとスルーして、明日、再来店すると約束する。
、、、、今回は暴動なんて起こりませんように、、、、、、

捨てる神あれば救う神あり

結局ここのお兄さんが私にとっての「ネパールでの救う神」となってくれた。

 

R0015038
野良犬だけど、番犬

近所のいろんなお店でエサを恵んでもらっているけど、
定位置はいつも、このお店の入り口。
一度、お店に早く着すぎてシャッターが開いていなかったので
一緒にお店の人が出社するのを待つことに。

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です