ネパールの洗礼・下痢 2008/07/13 11:17:47

ここで私がネパールの首都・カトマンドゥでの常宿のご紹介。

タメルという、外国人旅行者の集る特別地区(?)にあるホテルに毎回宿泊。
最初にネパールを訪れたときに泊まったホテルの従業員ふたり(ネパール人)が
独立して始めたホテル。
ホテルの隣りは、銀行で両替をするのにとても便利。
(街の両替屋さんよりレートもいいし、バンクレシートも発行してくれるし)

特に仕入れの場合は10万円単位で両替するので、銀行を出て10秒でホテルに戻れるのは
安全面においてもとてもいい環境。

銀行の隣りはインターネットカフェ。ホテルから15秒。
ホテルの斜向かいは、ミネラルウォーターやタバコを売っている雑貨屋さん。
ホテルの立地条件も本当に中心部にあり、取引先へ行ったり、また
取引先の人が訪ねてくるのにとても便利です。

小さなホテルだけど、レストランもあります。
疲れて帰ってきて、外のレストランに行く元気がないとき、
病気をして、とても外食なんてできそうにないとき、
レストランがホテル内にあるって本当にありがたいことです。

そう、病気をして外食なんてできそうにないとき
ほぼ仕入れが完了して気が抜けたのか、その晩から激しい水下痢と発熱。
お腹がしぶってイタイ、、、ピーーーなのではなく、
トイレに腰掛けたら、自動的にシャーーーー、、、キバル必要なし。
水を飲んだら、5秒後にシャーーーー、、、なのです。

まいったね、、、到着して間もないし、食べ物にはとても気をつけていたはず。
バナナラッシーだってまだ我慢して、チャイしか飲んでいない。
何がこんなに激しい下痢を誘発したんだろう、、、、、

とにかく、水を飲めば飲むほど、出口から出ていく体内水分。
こんな時は、サトウキビジュース、、、、ジュース屋までたどり着く元気なし。
そうだ、あれだ。アジアのどこの薬局でも売っているパウダー。
水に溶かして飲む、ポカリスエットみたいなの。
抗生剤は日本から持ってきているので、それを服用。
でも脱水症状に陥らないためには体内の電解質バランスを整えないといけない。
あのパウダー、なんていう名前だっけ?オーラルなんとかだったはず、、、、
とりあえず朝だし、フロントまで降りよう。
薬を飲むのに、お腹の中になにか入れておかないと。
それに「日本人女性旅行者A、この日まで生存確認」って証拠にもなる。

4階の部屋から、階段で降りるのが辛い、、、、
ここまで弱っちゃうのか?たった一晩で。

「グッドモーニング、元気?」
ホテルのオーナーのひとりを発見。
「昨日から下痢と熱がひどくて、、、こあたりに薬局ってあったっけ?」
「5分くらいのところにあるよ。それより、大丈夫か?」
「ちっとも大丈夫ではありません、、、、、」

彼曰く
「アヤは忙しく動きすぎ。仕事できたのはわかるけど、
たった4日前に、日本を出て、バンコクに一泊してここまで来たんでしょ?
カラダは疲れているのに、ほとんとホテルの部屋にいないじゃないか。
僕たちと殆んどお喋りしていないし」

、、、確かにそうかも。
思っている以上にカラダは疲れているのかも。
それなのに、日本と同じペースで気候の違う国で走り回っていた私はバカかも。

「ま、とりあえず朝食を食べて。それから従業員をひとり、薬局まで案内させるからさ。」

、、、、ありがたい申し出ありがとう。

食欲はないけど、とりあえずヨーグルトを食べる。

食べ物を食べるって、こんなに体力を使うものなのね、、、、
たった茶碗1杯のヨーグルトを食べただけで、ドカンと疲れがでる。

フロント脇の傍でしばし、休憩、、、、

「具合、悪そうね。薬局行くんでしょ?薬を買いに?」
フロントの女性が声を掛けてくる。

「イヤ、薬は日本から持ってきた。ほら、なんだっけ?水で溶かして飲むパウダー。
下痢の時に飲むの、、、、、」

「ああ、◎×■&のこと?それだったら、今買いに行かすから待ってて!」

本当にありがたい、、、、、1袋8ルピー(約12円)

それが、これ

R0015054
文字の読めない人(私もネワーリー語が読めないので、そのうちの一人)のために、
イラスト付きの説明も。

1、まずよく手を洗います。
2、コップ5杯分の水を鍋に入れます。
3、その中に1袋のパウダーを投入。
4、幼児にはスプーンで飲ませる。
5、乳児には、、、、なんだ?おっぱい飲ませているイラストなんだけど、、、
お母さんが最初に飲んで、母乳経由で摂取か?違うよね。

早速、水に溶かして一杯飲む。
しょっぱ甘い、健康だったら絶対飲みたくない味。
でも、飲み干してみるとカラダにじんわり水分が吸収されるのがよくわかる。
5秒でトイレ直行、、、、ってことはない。
干からびていたカラダにエネルギーが戻ってきました、、、と言う感じ。

ネパール旅行中にお腹をくだしたら、絶対これ、です。
もちろん、日本からポカリスエット持参もナイス アイディア。
(味はポカリスエットのほうが断然美味しいし)

一杯飲み干して、ベッドで休息。

「トゥルルルルル、、、、」部屋の電話が鳴る。

「ハロー、、、、、」
「体調悪いって聞いたんだけど、大丈夫?」

もうひとりの、ホテルのオーナーからの電話。

「この時期は急に暑くなったり冷えたり、するからネパール人でも体調を崩しやすいんだ。
それに衛生面でも、、、、ほら、日本と全然違うでしょ?
ところで、インド行きのフライト、どうする?明日のフライトなら席を取れるけど、、、、、」

そうだ、仕入れもひと段落したので10日間、インドに行こうと思って
チケットを頼んでいたんだ!!

「明日は、とてもじゃないけど無理。3日後のフライトにして、、、、」

、、、、本当に3日後に治っているのか?この下痢と発熱。

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です