バシスト生活・再診 2008/08/03 18:47:38

R0015101
マナリのメンツィーカン

「デリーに戻る前日にまた診察に来てください」

、、、、メン・ツィー・カン(チベット医学病院)のドクターに言われたので、再診。

、、、、そうか、明日でこの地を離れなくてはいけないのか、寂しいな、、、

熱は既に下がっている。腰痛は、、、、ちょっとだけ突っ張ったような違和感あり。

早速ドクターが両腕の脈を取る。

ふん、ふん、ふん、

気管支系の弱さと、抵抗力のなさ、を指摘される。(ビンゴ!)

しばらくの間、薬を服用したほうがよさそうだけど、続けられる?と聞かれる。

あ、がんばります、ドクター。処方してください。

そんなわけで処方してもらった薬、45日分。

箱に入っているのはハーブティーで朝ごはんの前に飲むもの。

「ドクター、食べ物は?肉・魚・卵は食べてもいいですか?」

「うーん、いけない訳ではないけれど、、、、あなたの国にはトーフという食べ物があるわよね?」

畑のお肉・豆腐。あります、あります、日本に。

だったら、せめて服用している間はベジタリアンになっちゃおうか?ってことで。

どうせ、日本を出てから既に肉も魚も卵も食べてない。

最後に食べたのいつだっけ? 多分、機内食だな。バンコク・ネパール間の。

45日間ベジタリアン宣言。

でも、食べたくなったらどうするか?

食べちゃえ、食べちゃえ。我慢は禁物。

食べたいのに我慢して、肉食している人間を見下すベジタリアンになるくらいなら、食べちゃえ。

 

薬代、45日分で400ルピー(1000円ちょっと)

*帰国して8月現在、いまだにベジタリアンな私。
とくに肉魚が食べたい、、、、とも思わず。
ああ、明日はデリーに戻るのか、、、、、寂しいな。

 

追記(2015 8)

この記事から7年経ちましたが、いまだにベジタリアン生活は続いています。

どんな変化がある?とよく聞かれるのだけど、

まず、一、体のキレがよくなる。ヨガのポーズを取っていて

次のポーズに移るときの体のキレが依然とはまったく異なる。

二、感覚が鋭くなる。

鋭くなりすぎて、色々なものを感知してしまいとても疲れてしまった時期も。

他人がどんな波動を出しているのか、不幸なのか幸せなのか?

負の波動もクリアに感知できてしまい、しばらく人に会うのが嫌になった。

三、 瞬発力はあるけど、持続が難しい

これはきっと、体重の管理がうまくいかないからだんだと思う。

元々太れない体質だったけど更に体重を増やすのが困難になった。

で、スタミナがなくなっちゃったのかも。

四、いくら食べても胃もたれしない。

大食いで食いしん坊な私は、キャパオーバーな量を食べて

よく胃もたれを起し、後悔したこと、数知れず。

今は胃もたれってどんな感覚だったか忘れてしまったほど。

 

 

 

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です