バシスト生活・最後の日

R0015194

バシストの牛

さすがにバシストには野良牛は存在せず。

今日までの宿代を払おうと、オーナーの家を訪ねたら
「仔牛の体調が悪くて病院に連れていかないといけないので後にして。」
、、、と言われてしまう、、、、、

今晩、ナイトバスに乗って、デリーに戻る。

この後、ダラムサラに行きます、、、と言うなら気分も軽いんだろうけど、

デリーに戻ると思うと気が重い、、、魔界都市・デリー。

こんな穏やかで静寂な山の中から、明日眼が覚めたらデリーにいるなんて。

「マントラを唱えろ。喧騒を遮断してくれるから」と、Mr.ハレクリシュナ。

いろいろありがとう。Mr.ハレクリシュナ。あなたに遭えて愉しかった。

で、最後にもう1冊、本を貰う。

彼のグル(師)の写真が載っている本で、「グルがきっと守ってくれるから」と。

ヒンディー語なので、なにが書いてあるのかは、わからないのだけど、

挿絵の輪廻転生の図、に心惹かれる。

今年に入ってまだ寒い冬のころ、とある瞑想中に

「喜びを味わい尽くす。悲しみを全て受け入れる。そして2度と生まれ変わらない」

そんな言葉がどこからかやってきて、決心する。

そう、私は2度と生まれ変わらない。

そのために私は何をすればいいのか?今生。

 
宿の支払いを済ませて、荷物をまとめて、まだまだ時間があるので、

最後にがっちりとヒマラヤのエナジーを感じつつ、瞑想に入る。
瞑想中、突然昔の恋人が私の心の中にやってきた。

山育ちで、とにかく山が大好きだった人。

ケンカするとよく「山猿め、とっとと山に帰れ!」と心の中で叫んだもんだ。

、、、、彼もこのヒマラヤの風景が気に入るだろうな、、、、、、

何年かぶりにこの人のことを思い出した。

今度は、本当の愛を教えてあげる
突然、なにかが私の耳元で囁く。

本当の愛か、、、凄い言葉だな、、、、どんな愛なんだろう????
今のあなたには想像もできない愛
そうか、今の時点では想像もできないのか、、、、その時が来るまで楽しみにしていよう。
で、結局、11年ぶりにこの地に戻ってきて私を待ち構えていたのは

Mr.ハレクリシュナとの出会いと、この愛についてのメッセージ。

ついでに、温泉に入るか瞑想するかマントラを唱えるか、、、、

ずーと、そんなことばかりしていたので、すっかり蓮華座が組めるようになりました。

あ、あと「なんちゃってベジタリアン」になりました、、、、、

以上が10日間の出来事。うん、充分だ。
さぁ、ネパールに戻ろう。

その前にデリーだ。

魔界都市・デリー。  でも、飛び込んでいっちゃうと結構楽しめちゃうんだよね。
さよなら、バシスト。またね。

R0015184

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です