アグラーそしてバラナシ2010/01/29 17:32:57

妹子を連れての旅も後半に来ています。
27日の早朝にアグラーに着いてタジマハールを見て
その日の夜行列車でバラナシに到着。

タジマハール、インドで一番高い入場料なんですって!1500円。
妹子はもちろんのこと、私も始めてのタジマハールなんだけど、
ふたりして白亜の墓を見てもなんだかテンションあがらず。
1時間もしない間に、もういいか、タジマハール、、、、と言う感じ。

「タジマハール観ているよりも、そこらへんのインド人見てるほうが
よぽど面白いよねっ」

この旅一番の名言を吐く妹子。

、、、あんたが見たいって言ったんじゃん、タジマハール。
だから、来たんじゃん、タジマハール。

イン:ドで一番の名所にちっとも感動しない姉妹。私の感想:写真で見るとと、まったく一緒だねっ。
  インドで一番の名所にちっとも感動しない姉妹。私の感想:写真で見るとと、まったく一緒だねっ。15分もいれば充分。(注:個人的な感想です)

 

 
アグラで時間があまりすぎたので、マトゥラーに行く。
クリシュナ生誕の地。聖地です。
ここで今回初のインド人と喧嘩となる。
有名なババだかなんだか知らないけど、お金の話ばかりでプッツリ切れる私。

日本でもどこの国でもスピリチュアルビジネスって盛んだけど、
本家本元って、インドなんじゃないか??とこのババとの喧嘩で思った。
スピリチュアルビジネスが悪いわけではない。
ただ、聖者や僧侶のふりして「結局はビジネスマン」ってのがどうなのよ??と思う。

マトゥラー、ブリターバン自体はとてもいい土地でした。
外国人相手のお店もなく、バラナシのような迷路の入り組んだ町。
細い路地から幼いクリシュナがひょっこり飛び出してきてもおかしくない、
そんな特別な(聖地だから当たり前か)が空気が流れている空間でした。

この街、インドでも有数の磁場がおかしい土地だよ。

インド自体の磁場もおかしいけど、ここ、背筋がゾクゾクするほどおかしい。

 

 

プシュカルの続き2010/01/23 20:32:24

どうもインドを旅するとなると、話題がどうしても牛の糞か自分の糞の話になりがち。

そんなわけで今回も下痢話となりますので、気分を害さない人だけ読んでください。

妹子が今朝から再び腸内洗浄という名の下りっ腹。
私も少々、下ってマス。、、、、なんだかこれって究極デトックスなのでは?と思えてしまうほど、腸内洗浄に励んでおります。

でも、日本の病院に入ったら間違いなくカルテに
細菌性大腸炎って書かれるでしょう、、、、

妹子、額が痛いらしく「なんかここにオデキでもできてない?」と指差す箇所は、
あら、いやだわ、そこって第三の眼じゃない。
腫れてもいないし、赤くもなっていないけど、痛むらしい、、、、、、

そのうち、そこからもウンコ噴出すんじゃないの????

マーライオンみたいにさ。

ここはインドなんだから、そのくらいのミラクルが起きてもおかしくない。
誰も、素敵とか、うらやましい、とか言ってくれないと思うけど。

糞話終了

聖地プシュカルはたくさんのババが路上で寝ております。
夜になると、焚き火なんてたいちゃって、できることならその灯に当たってみたいな、、、、といつもそばを通り過ぎるときに思う。
牛も。犬も。サルも路上に寝ています。
ラクダがゆっくりと歩いています。

聖地プシュカル。沈没地プシュカル。

明日はぐるっと湖の周りのガートをふらふら歩いてみようと思います。

プシュカル、プシュカル2010/01/22 19:35:46

何で今まで来なかったんだろう?プシュカル。
バラナシが混沌とした聖地なら、ここはさわやかな風が吹く聖地。
今は乾季で湖が干上がっているのは残念だけど、それにしても
穏やかな聖地。

この土地は聖なる湖から半径数キロの範囲では、肉魚卵を食べることのできない聖地。
リシュケシュと同じですね。

メインの通りはネパールのタメルと良く似ている。
きっと昔はこんなに外国人が来てなくて、もっともっと
質素なインド人のためだけの聖地だったんだろうな、、、、

上ること30分の山の上のお寺に行ってきました。
ご本尊をお参りして降りようとしたら、端っこにドゥルガーが祭られていた。

昨日この地に来て初めてみたこの山、「ああ、私、この山に会いにきたんだ!」と感じたのだけど、
まさかドゥルガーも祭られているとはね。

シャンティーな聖地です。
しばらくこの風に吹かれます。

旅の連れ2010/01/20 17:14:50

基本的には人と一緒に旅するのが苦手な私。旅するときくらいは勝手気ままに、予定を決めずに旅したい、、、、そんな私が
今回最初の3週間だけ、一緒に旅することになったのは、妹。(妹子と呼ぶことにします。)
年末に仕事をやめた妹子。私のインド行きを知ると、いいなぁ、、、、行きたいなぁ、、、と、暗に連れて行ってよ!という独り言を言い始めた。
昨年から何かと恩着ることがあったので、じゃぁいいよ、全行程はだめだけど、最初の数週間なら、、、、、と、妹子と旅をすることに。
初インド、英語はなぜず、個人旅行は未経験、、、、彼女はどんな反応を示すのだろうか?このインドで。
それが、ちょっと楽しみだった私。

お約束通り飛行機が1時間遅れてデリーに夜の9時に到着。
空港から宿までのタクシー移動、宿周辺をプラプラと散歩、、、、
到着してほんの数時間の間で、街を闊歩する牛、象、野良犬、、、、
すべてがなんなんだ、これはっ!の世界に、えらく興奮したよう。
長時間のフライトで疲れているはずなのに、能みそからはアドレナリンらしき分泌物が放出しているらしく、眠れない妹子。
最初のデリーの晩は、睡眠薬を飲んで就寝。

デリー到着2日で、二人して、インド洗礼水下痢にかかる。
私は発熱下痢で済んだけど、妹子は嘔吐を伴う三重苦。
原因は昨晩食べたターリー(定食)。

原因と思われるターリー。 おいしかったんだけどね。
原因と思われるターリー。
おいしかったんだけどね。

 

地元民も並んで食べている店だったので、大丈夫かと思ったのだけど、どうやらインド2日目の人間には無理だったのかも。

丸々24時間で症状も収まり、その日の晩はウダイプルに移動。
病み上がりで夜行列車も大変だと思うけど、
すべてのことが初めての体験らしく、現在1週間目で、
きっと体疲れているのだろうけど、楽しさのほうが上回るらしく
文句もなく、旅を続けてます。

そんなわけで明日は聖地プシュカルに移動します。

そんなわけでただいまデリー。2010/01/16 16:31:07

昨日、南インドでは皆既日食でテレビとニュースではその話題で持ちきりでした。

■ニューデリープチ情報■

デリーの最難関、インデラガンジー空港のプリペイドタクシーカウンターが変更になってます。
今までは出口を出て右手にあったカウンターは閉鎖しており、
右手に行くと、小さな箱店がいくつかあり、一番最後の箱店のようなのが、プリペイドタクシーのカウンターです。
魔のインデラガンジー空港なので、”タクシーカウンターは変更になった’と言われても信じられないでしょうが、
本当に変更になってます。ガイドブックの空港見取り図と異なりますので、パニックに陥らないでね。プリペイドタクシー代250ルピーは同じです。

大した用事もないのに、3日間もデリーに滞在していまった、、、
2日目にしてインドの洗礼、水下痢発熱に遭遇。
まる1日、ベットとトイレの往復なり。

ニューデリー駅で、ババ(遊行者?)に声をかけられる。
ヒンディー語わからないのに、話かけてくる。
どうやら、クンブメーラに行きたいけどお金がないので、100ルピーちょうだい、、、、ってことらしい。
10ルピーだけあげた。
あとになって考えれば、100ルピー(200円ちょっと)あげても良かったかな、、、、と思った。
クンブメーラに行きたいってのが、ちょっとだけ心に響いたぞ。
バクシーシとしては高額だけど。
本当にクンブメーラに行くのかなぁ、、、、携帯のパケット代とかの支払いに使っちゃうんじゃないかなぁ、、、
今となっては本当はどうなのよ??って感じだけど。

それにしてもあれだけ広大なニューデリー駅で、なぜ私に声をかける?ババよ。
少々やみあがりで、乱文となってますが、こんな感じで少しずつ書いて行きます。

犬のいない生活2009/11/27 17:52:27

我が家の老犬がこの世を去り、(当たり前だけど)犬のいない生活が始まりました。

14年前、うろうろ世界を旅して1年後に帰国したら、
実家にぬいぐるみのような仔犬が家族に愛想を振りまき私より立派な「家族の一員」になっていた。

数年前から痴呆が始まり徐々に、徐々に進行していった。
いつまでたっても子供っぽいしぐさが抜けない、5キロも満たない小型犬。
それが「痴呆症」だなんて、理屈ではわかっていても「納得」できなかった。

とにかく私の母がひとり息子を育てるかのように可愛がり、愛情を掛けていたタロウ。

昨年末、母が病に倒れ、余命宣告されたとき母は言った言葉は
「タロウより、私が先に逝っちゃうわけ?」だった。

母がこの世を去り、今度は老犬の介護が始まった。
本当に、、、、誰もが、そして母本人も、タロウを看取るのは母だと思っていたのに、
タロウの介護と看取りは、私に引き継がれた。

人間の介護と同様に犬の介護も大変な仕事。
この先、何年この生活が続くのだろうか?時が経つにつれて外出さえもままならなくなってきた。

体調のいいときはお散歩に出て介護用のハーネスを付けてヨタヨタと歩いていたタロウ。

亡くなる一週間ほど前からは、お散歩に出ても必ず一軒の家のドアの前で
しゃがみ込んで動かない。まっすぐドアに顔を向けて、人が出てくるのを待っている。
仔犬のころから、ずっと可愛がってくれてたご近所さんのドアの前に。
今から思うと、タロウ本人もわかっていたのかな。
最後の挨拶をしていたのかもしれない。

わかりきったことだけど、介護生活はいつかは終わる。
この先、何年も続くことではないことも、徐々に衰弱していくその身体をみていて、わかっていたはず。

それでも、「そのとき」がやってきた時は、頭が真っ白になった。
数日間の記憶がいまいち、思い出せない。
頭にくるほど臭かった(そして、卑怯な)「すかしっぺ」のにおいさえも今となっては愛おしい。
手間隙掛かった食事や投薬さえも「もうすることはない」と思うと寂しい。
「明日から、私はなにをしたらいいのだろう??」
老犬に対してなにもすることがなくなってしまって、腑抜けな私。

すべてが終わってしまってからわかる、愛情を掛けることのできる、命が傍らにいてくれたことの有難さ。

ひとつの時代が終わってしまったのだな、、、と感じる今日この頃。

次に、動物と生活をするのはいつになるのだろう?
しっかりと地に足を着け、本当の意味での我が家、「帰る場所」を手に入れたときかな。
、、、、と、言いつつ、来年1月から数ヶ月ほどインド・ネパールに向かいます。
もちろん、ステキなクリスタルたちとの出会いを楽しみにしているのですが、
個人的な「新しい時代」に突入した今、どうしても行きたかった聖地巡礼に
1ヶ月ほど時間を頂こうかと思っています。

老犬タロウのはなし2009/11/01 00:57:05

以前ブログに記した要介護犬タロウ

心配していた夏もなんとか無事に過ごして穏やかな老後を送ってます。

少しづつ、衰えてきているけど、まぁなんとか安定している、、、と思っていたら

昨晩から具合が悪くなって、夜通しの看病。

口の利けない動物はこんなとき「どこが苦しいのか?」と聞くことができない。

ただただ、抱っこして大好きなカロリーメイトを飲ませてあげるしかない。

「朝になったら、病院に行こうね、頑張ろうね。」と声掛けしながら。
三度の食事の世話、投薬、排出物の処理、夜中の徘徊、、、、、、

この生活が半年以上続き、正直私も疲れてきていた。

「この生活、いつまで続くのだろうか?」と。
両手にその小さな老犬の重みを感じながら、ふと「命って暖かいな」と思ったら、

なんだかホロホロと泣けてきた。

半年ほど前に肉親を亡くしそれと前後してタロウの介護が始まって

「犬の介護は大変!今年は介護の年だ!」と思っていたのだけど

「タロウを世話する」というお仕事がなかったら、私どうなっていたのだろう?

肉親を看取り、その後がっくりと「ふぬけ」になってしまっていたかもしれない、、、、

人間の介護だって、犬の介護だって、確かに大変で疲れも出てくるけれど「ふぬけ」にならなかったのは

この老犬がいてくれたからなんだろうな、、、、と今更ながら理解した。
朝方、少し様態が落ち着き、ふたり(犬と私)で少しウトウトと眠る。

午前中に動物病院に行って、点滴をしてもらい帰宅。

寝顔も穏やかなので一安心。

夕方になってむっくりと起き出しドッグフードを勢いよく食べ、その後勢いよく放尿。

「いったい何が起こったのでしょうか?」と言いたげなほど

しっかりとした表情に戻った老犬タロウ。

「介護してあげている」なんて思っていた自分の器の狭さにただただ反省。

暖かな命が、傍らに存在することの有難さをかみ締める10月最後の日。

ネパールに戻る2008/08/10 12:49:29

カトマンドゥの朝食

毎朝通っていたチャイ屋での、私の朝食。
モチモチで、少し塩の効いたクロワッサンとチャイ。
この朝食セット(?)で14円。
インドから戻って5日間ネパール滞在で、帰国。

5日も必要ないよな、、、と思っていたけど、何事もスムーズに運ばないのがこちらのお国柄。

預けていたクリスタルをピックアップしてオーダーしていたアクセサリーのチェック。

仕入れ先の人とビジネスランチをしたり、そうそう、

クリスタルの梱包だってしなきゃならない。
、、、忙しいといいながら、ノーズピアスをあけてきた。

20年近く、ノーズピアスをあけたい、、、と思ってきた私。

もうちゃんとした会社勤めはするつもりはないし、思い切ってあけてみた。

4年前のインド滞在中にあけたいな、、、と思っていたのだけど、

友達がジュエリー屋であけているのを見て、ひるんだ。

銀の針金の先っぽをヤスリで研いで、尖がらして、

「ブスッ!!グイグイグイッ。グリッ」、、、こんな感じで鼻ピアス完成。

あまりにも原始的。バラナシのピアス。

それはちょっと私には無理、、、なわけで、ピアス・ガンで、バチンとあけてもらった。

耳にピアスするほうが痛かったです。鼻のほうが楽です。

穴開け代金はたったの80円なり。

経験者によると、鼻は粘膜なので、ちゃんとピアスを通してないと

耳なんかより、早く穴がふさがっちゃうよ、とのこと。
ただ後悔したこと、ひとつ。

この空気の悪いカトマンドゥでピアスをしちゃったもんだから、

鼻くそが思いっきりホレない、、、、、ということ。これ、とても不快。
朝一番でピアスをあけて、街を歩いていたら

連続してネパール人からネパール語で道を聞かれる。この日3人。

ピアスひとつで、こんなにも現地化してしまうのか???
ネパール語で道を聞かれる、、、この話を仕入先で話していたら

居合わせたネパール人に、

「あなたはネパール人というより、ビルマ顔だね。ほら、誰だっけ?

フリダムーファイターの娘、、、、、、」
「ああ、アウン・サン・スー・チー?」
ああ、旅してきて何度言われたことか。この言葉。

新宿で、ビルマ(注:今のミャンマーです)人に、ビルマ語で道を聞かれたときは

本当に、私、ビルマ系の顔立ちなのかも、、、、と思った。

数年後、ビルマに行ってみたら、

「たしかに、遺伝子的に近いかも、、、、」と確信した。

ビルマ顔と言われながらも

「おっ、鼻ピアスか。似合うぞ、似合うぞ」と褒められまくり。

帰国前日までになんとか荷造りを終えて、久々のネパール滞在も終わり。

お寺に行って、たくさんの素敵なクリスタルに出会えたことをにお礼を述べる。

「ありがとう、また戻ってきます。」
帰国当日、朝早いフライトだったのにも関わらず、ホテルのオーナーふたりが出勤してくれていた。

ありがとう、忙しいのにわざわざ。またすぐに戻ってくるから。

少しだけ、後ろ髪を引かれる思いをしつつも「また戻ってくるから」と自分に言い聞かせ、空港に向う。

出国カウンターで、係員のおじさんに

「おお、鼻ピアス。ネパール人みたいだね」と言われる。

「ネパールに住んでいるのか?」

「いいえ、ビジネスできました。」

「だんながネパール人なのか?」

「いいえ、断じてそんなことはありません」

「ネパールは好きか?」

「はい、大好きです。」、、、、ちっとも出国に関係ない質問ばかり。

パスポートにポンとスタンプを押し、ひとこと。
「また戻っておいで。いつでもウェルカムだ。 ハハハ」

ありがとう、おじさん。 また戻ってきます。

少しゆるめで、なにかと人懐っこいこの国。

インドのような刺激はないけれど、やっぱりこの国も捨てがたい。
たくさんのクリスタルと、新しい出会いに恵まれた今回の仕入れの旅。

今回はこれで終了。

祭のあと

 金沢文庫芸術祭 1DAYイベントが終了しました。

いつもブースにお越しくださる方々、

初めてお会いする方々、ありがとうございました。
   

黙々と自分の世界へ降りて、創造の泉の岸辺で指先を動かしていたこの1週間。

祭の始まりとともに外の世界への扉が開き、私に声を掛けてくださる方々が

いるなんて、私、ちょっとした幸せ者なのではないか?と

しみじみ感じた1日でした。
  
久々に見る青空と暖かな日差し。そんな日に終日屋外で過ごす1日は

あっという間に過ぎていきました。
  
広場のキャンドルが点灯する時刻、パレードが始まります。

太鼓のリズムに合わせて人々が色鮮やかな衣装に身を包み、踊り、広場に集まります。
その衣装は決して「社会」に身を置くための衣装ではなく、

自由で、ある意味奇抜で、多くの人たちにとって

「ここだけで着る事のできる」そんな衣装。

そんな衣装を身につけられる場所を毎年提供してくれる

金沢文庫芸術祭、万歳。そして実行委員会の方々に感謝。

私自身はそんな衣装を身につなかったけれど、

自分自身を花で飾ってみました。

 
小鼻についているのは、鼻クソではなく、ノーズピアス。

自分を花で飾るなんてこと、したことなかったな。

これも 「ここだけで」できることかもしれない。
シルバーウィーク。

残りの休日は蓄積された疲労回復に努め、祭の余韻を楽しみたいと思っています。

頂いたオーダーはエネルギー回復の後、ひとつづつ制作を開始する予定です。

  
皆さま、良き連休をお過ごしください。

金沢文庫芸術祭 1DAYイベント出店のお知らせ

今年もこの季節がやってきました。

金沢文庫芸術祭 1DAYイベントに今年も出店いたします。

kanasawabunko

 

 

開催日 2015年9月20日(日)[荒天の場合は翌日に順延となります]

開催時間 9時30分~20時00分

会場 横浜市 海の公園・芝生地帯

海の公園サイトhttp://www2.umino-kouen.net/

※入場無料

 

今年もFolk Tale さん、 OKKO YOKKOさん と

Handworks for light の名前で出店いたします

ブースはアートストリート 14番です。

マップは当日、会場で配布されます。

kaijoumap2

 

年々、来場者が増えている楽しい海辺でのアートフェスティバルです。

皆様のご来場、お待ちしています。