祭のあと

 金沢文庫芸術祭 1DAYイベントが終了しました。

いつもブースにお越しくださる方々、

初めてお会いする方々、ありがとうございました。
   

黙々と自分の世界へ降りて、創造の泉の岸辺で指先を動かしていたこの1週間。

祭の始まりとともに外の世界への扉が開き、私に声を掛けてくださる方々が

いるなんて、私、ちょっとした幸せ者なのではないか?と

しみじみ感じた1日でした。
  
久々に見る青空と暖かな日差し。そんな日に終日屋外で過ごす1日は

あっという間に過ぎていきました。
  
広場のキャンドルが点灯する時刻、パレードが始まります。

太鼓のリズムに合わせて人々が色鮮やかな衣装に身を包み、踊り、広場に集まります。
その衣装は決して「社会」に身を置くための衣装ではなく、

自由で、ある意味奇抜で、多くの人たちにとって

「ここだけで着る事のできる」そんな衣装。

そんな衣装を身につけられる場所を毎年提供してくれる

金沢文庫芸術祭、万歳。そして実行委員会の方々に感謝。

私自身はそんな衣装を身につなかったけれど、

自分自身を花で飾ってみました。

 
小鼻についているのは、鼻クソではなく、ノーズピアス。

自分を花で飾るなんてこと、したことなかったな。

これも 「ここだけで」できることかもしれない。
シルバーウィーク。

残りの休日は蓄積された疲労回復に努め、祭の余韻を楽しみたいと思っています。

頂いたオーダーはエネルギー回復の後、ひとつづつ制作を開始する予定です。

  
皆さま、良き連休をお過ごしください。

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です