ミュンヘン 5 道に迷う。まっすぐ進め

2011/11/13 00:12:49

大丈夫、ひとりで帰れるから。

Bと別れたあとに、テクテク歩いていたら、
帰れないじゃん、私。
完全にホテルまでの方向感覚を消失した。
歩けど歩けど、段々と住宅街に迷い込む。

この河の、こっち側が中心地なのか、向こう岸なのか、わからなくなる。
何度も、橋を渡って、ウロウロ

「迷ったら、親切そうな地元民に聞け。」これ、鉄則。

信号待ちをしている、地元民ぽいおじさんに声を掛ける。
中央駅方面に行きたいんですけど、、、、

「この道をまっすぐ進んで。
そしたら、ゲートが見えてくるから、そのゲートをぐぐる。必ずくぐるんだ。
ゲートの向こうは、いくつもの道に別れているから、
そこで、また人に聞いたほうがいい。多分歩いて30分くらいだよ。」

ありがとう、おじさん。

「いいか、真っ直ぐ進め。右や左には絶対に曲がるな。ひたすら真っ直ぐだ。
必ず、ゲートをくぐれ。そして人に聞くんだ」

このおじさん、なぜか段々エキサイトしてきて大声で

「真っ直ぐ進め。右や左に絶対に曲がるな!」

この言葉を3度も繰り返す。

1度目は、シンプルかつ的確なアドバイスありがとう、、、、だった。

2度目は、おじさん、なぜ熱くなる??思わず噴出しそうになった。道を曲がったら、谷底か?

3度目は、なんだか、私の人生の道のこと、言っているんじゃないか?と思えてきた。

真っ直ぐ進め。右や左に絶対に曲がるな。
必ず、ゲートをくぐれっ!そして分かれ道で人に聞くんだっ!
アンジェラは私に、「真っ直ぐ自分の道を進んでほしい」と言った。
Bは私に、「自分の道にいるのだから、大丈夫」と言った。

しかし、私は今、何処にいるのかが、まったくわからない。
自分の道にいるのは、わかる。(多分、わかっていると思う)
でもその「立ち位置」がわからなくなっている。

でも、取り合えず。

真っ直ぐで、いいらしい。間違った場所には、いないらしい。

青い目のおじさんは、間違った場所に居ない。真っ直ぐ進め。
友達のアドバスの、最終確認をしてくれたような。
ここ、ヨーロッパ、だよね。
こんな気づきを与えてくれる土地なのか?

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です