新商品のご案内・2016ナヴラトリ

今年も女神の祭典、ナヴラトリの季節になりました。

インドでは1日から。日本では時差の関係で10月2日から。

9つ夜に、9人の女神のシャクティー(力)が

舞い降りると言われるナヴラトリ。

当店のトレードマークであるドゥルガーもそのうちの一人です。

 

425908_180689758710620_2133277804_n.jpg

 

そんな祭典の始まりに新商品のご紹介です。

 

dur-2016-2

ルドラクシャペンダント durga

 

ドゥルガー女神の象徴でもある9面のルドラクシャビーズのペンダント。

小さなマーラー(数珠)をイメージして作成しました。

金剛菩提樹の実、ルドラクシャ。

インドのヒンドゥ教では、聖なる実と言われ、語源は「シヴァの涙」

この実には縦に溝が入っているのですが、その数(面)によって

象徴とされる神様が異なります。

通常、ルドラクシャは、4面、または5面のものがほとんどですが、

この面の数が少ないもの、逆に多いものはとても少数であります。

 

 

mak-0244-2

輝く夜空に

大振りなラブラドライトのペンダント。

金箔のような鉱物を含有しています。

女神が舞い降りる夜空は、こんなラブラドライトのような空なのでは

ないかな、、、と想像します。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

私自身、毎年この季節ナヴラトリを前後して、なにかのスイッチが

切り替わり、意識が新しいものに向かうことが多々あり、

この祭典のやってくるのを毎年楽しみにしています。

なんとなく、お正月に似た感じです。

それでも今年のナヴラトリ。実は一昨日から知恵熱のように発熱し

一晩、パッと熱が出て、はい、終了、、、

一体なんだったんだろう?知恵熱としか言いようがない発熱で、

それでも熱の後は頭の中がクリアーとなり

たまにはこんなデトックスも必要だったのかも、、、と

思いながらもこのブログを書いています。

 

この季節はインドでもやっと(本当に、やっと)酷暑の季節が終わり

変わりにこのナヴラトリから祭典が続く季節がやってきます。

旅に、仕入れに、やはり気候のよい季節に来印することが多いので、

何度となく旅先でこのナヴラトリを過ごしてきました。

とくに聖地での祭典ではその土地の地場と相まって

本当に神様は降臨するのかも、、と思える瞬間があります。

それまでは、ここ、カオスかも、、、と思える聖地さえ、

やっぱり聖地なんだよね、、、と実感する瞬間。

 

しばらくナヴラトリを現地で過ごしていないな、という

寂しさもありますが、

意識を向けるその人々の住まうところへ、女神は舞い降りると信じて。

 

jay, durga jay

 

 

 

 

 

 

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です