年の瀬に 2016

cryatal20162131

頂点に向かって真っすぐに伸びる稜線。

その反対には、ブーケのようなマルチターミネーション。

selfheald tower と名付けたヒマラヤクリスタル。

たまたま、お客様からこのクリスタルの問い合わせをいただいて

久々にこのクリスタルと向き合う。

 

昨年あたりから、しっかりとした目的を持って真っすぐ我が道を進む人たちに出会うこと多々。

しっかりとした目的とビジョン。それを持っている人は、やっぱり強い。

その道中には、当たり前だけど迷いがあったり立ち止まってしまうことも

あるのだろうけど、顔を上げれば、その先にある目的をちゃんと見据えている。

 

そんな人たちと接し、そしてこのクリスタルと久々に向き合い、

自分が少し「道をそれている」ことに気づく。

日々のルーティン、そろそろ潮時だぞ、ともう一人の自分がいう。

そんな矢先に、なぜか定番のぎっくり腰(そんな暇、ないだろう!)

そして、もうじき師走がやってくる、というときに

この冬ブレーク中のノロウィルス感染。。。。

流行を追うタイプじゃないんだけどね、私。でも思いっきり流行に乗ってしまった。

トイレに座れば、自動的にシャーーーーと腹痛伴わない下しっ腹。

トイレとベッドを往復する中で、ふと、

そうだ、無意識の中で私は自分がやるべき数々のことをすでに知っている。

それは、クリスタルのマルチターミネーションのごとくたくさんあるはず。

それを意識にまで持ってきて(明確にして)真っすぐ頂点まで進まなくてはいけない。

なんで、便座に腰かけて、こんな風に気づかなきゃいけないんだ?

シチュエーション、悪すぎ、、、と思いながらも、大事な気づきって

結構こんな日常生活の一瞬(トイレで排出中も含む)にやってくるんだよね。

もう一度、自覚しよう、私は何をして、どんな生活を送りたかったのか?

言い訳はしていないか? 何か、ほかのもののせいにはしていないか?

 

あわただしく今年一年が過ぎていきました。

時間のやりくりが思うようにできず(、、、これも早速言い訳だな)

ネットを通じて発信することが激減してしまいましたが、

今年はアクセサリーのオーダーを頂くことが多々あり、

それも、大切な思い出のある石、受け継がれててき石などを

私の前に差し出して頂いて、形にしてほしい。 そんなリクエストの多い一年でした。

私にゆだねてくれて、本当にありがとう。

 

皆さま、穏やかな新年をお迎えください。

 

Tgiress Yogi  本多 綾

 

 

 

 

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です