避難

web shopを只今、お休みさせていただいています。

サイト内をご覧いただくことはできますが、お買い物ができない状態です。

 

五反田での催事が終わって、台風が去ったあと、

我が家の裏の崖が、静かに・穏やかに崩れた。

家が全壊や半壊なら、何かしらの公的助けを求められるんだろうけど、

今回の状況は「自主的避難」レベル。

ここに住んでいて安全なのか?大丈夫なのか?

自分で決断するしかなく、そして私は、ここで眠ることができない、と判断する。

「大丈夫?」と多くの人から尋ねられたのだけど、何が大丈夫なのか、大丈夫でないのか、

まったくわからない状態で、「なんか、わからない」と答えるのがやっとだった。

ただ、ここで眠ることはできない、そう判断した。

そんな私に手を差し伸べてくれる人や組織がそばにあり(正直、びっくり)

ただいま、そんな周囲の善意に甘え、避難生活中。

 

「旅をしていると思えばいい。数日ごとに宿を変え、フラフラ旅をしてきたし」

そう気持ちを切り替えようとしたけれど、

旅は安全で、私の帰りを待ってくれている(消滅しない)、戻る場所があるから

呑気にフラフラできるわけで、それを失うというのは、こんな気持ちになるのか、と痛感。

安全な、戻る場所があるというのは、こんなにも素晴らしいことだったんだ、

当たり前のことだと思っていたけど、ちっとも、当たり前ではないんだ。

、、、少なくとも、今の私には。

 

多くの自然災害が人々を襲う。一瞬にして家を失い

体育館や避難所で暮らす人を、私はテレビでしか見たことがない。

とりあえず、安全な場所にたどり着けてよかったね、

人はそう思う、私だってそう思っていた。

安全な場所にたどりついた、よかった、確かにそうだ。

でもそれでは話は済まない。

安全な場所にたどりついたのち、これからどうなっちゃうんだろう?という

漠然とした不安に襲われる。この「漠然とした」不安というのは、

ボディーブロウのようにじわじわと「効いて」くる。

避難生活で心身ともに疲れ、

鬱になったり自害してしまう人の気持ちが理解できる、今なら。

 

 

私はこの先、「死なない程度」に生きていくんだろうな、

そしてなんだか周囲に人々の善意が溢れていて、安全な我が家は今、ないけれど

心温まり、周囲にいてくれる人々が、実は人間じゃなくて

神様なのではないか?と思え、何かに守られている感を、ものすごく感じる、

帰る家、ないけど!!

 

望んでないのに、新しい場所での生活のために動き出す。

一生、定住なんてできないのかもしれないな、自分の意思は関係なく

放浪するかのように生きていくのかもしれない。

「それも、案外悪くない」

3か所目の善意の下で、ふとそんなことを思う2週間目の避難生活。