2018年の夜明け

あけましておめでとうございます。

本日から少しずつではありますがサイトを再開いたいします。

 

昨年秋の台風ののち、家の裏山が崖崩れとなり

数週間に及ぶ避難・ジプシー生活を送って、その中での新居探しと引っ越し。

新居でのネット環境の整備に予想外に時間が掛かり2か月が過ぎてしまいました。

安全な、「自分の居場所」を見つけることができ

新年は、空襲警報レベルの船の汽笛を聞きながら

新しい新居で新しい年を迎えることができました。

ここは横須賀。

新居を見つける際、都心方面に戻ってはどうか?と人から

アドバイスをもらいました。

東京で生まれ育つとその特殊さがいまいちわからなかったのですが、

東京というのは、やはり便利な街です。

それは仕事に関しても、暮らすことに関してもとにかく「便利」。

横須賀生まれの人たちからも「わざわざこんなところ住まなくても。自分はここで

生まれ育った土地だから不便さは感じないんだけどね」と言われること、多々あり。

見知らぬ土地・横須賀に流れ着いて数年。

余儀なくされた引っ越しなら、「元居た場所」に近い土地に移るいい機会では?

そんな感じのアドバイスをもらっていたのですが。

 

なんの根拠もなく「東京から南下したい」という理由で住み始めた横須賀なのですが

海と山が見えて坂の景色が広がるこの街に、もう少し身を置きたい。

足腰が丈夫なうちはまだ坂の上に住んでみたい、美しい景色の広がる山中で。

そんなに「便利」でなくてもいいんだ、もう。

今しばらく、この土地で生活を続けます。

 

秋から冬にかけて。

土砂崩れという引き金が、実はいろんな物事の引き金だったらしく、

盆と暮れが一緒にやってきたごとく、様々な変化が押し寄せてくて

若いころだったら絶対に打ちのめされてたな、と思うのですが、

人間長く生きていると、肝が据わってくるというか・開き直りができるようになるというか・

何事も楽しまないと損をする、そんな長くないぞ、残りの人生。もったいない。

そう、「楽しまないともったいない」という気持ちのほうが

大変さより上回ってしまうようで、体力的にはきついんだけど、

歳取るって(開き直るってと同意語)悪くないな、、と認識した昨年下半期。

 

まだ未開封の段ボールと、パッキングしたままの石たちが

新居にどっさりとあるのですが、

2018年。

どんな年になるんだろう?

死なない程度に生きていくという、私のは宿命は

どんどん加速していきそうな予感がするのですが

立ち止まるなんて、もう許されない。

廻れ輪。流れろ河よ。

 

まったく予想のつかない1年となりそうな気配漂う新年。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

避難

web shopを只今、お休みさせていただいています。

サイト内をご覧いただくことはできますが、お買い物ができない状態です。

 

五反田での催事が終わって、台風が去ったあと、

我が家の裏の崖が、静かに・穏やかに崩れた。

家が全壊や半壊なら、何かしらの公的助けを求められるんだろうけど、

今回の状況は「自主的避難」レベル。

ここに住んでいて安全なのか?大丈夫なのか?

自分で決断するしかなく、そして私は、ここで眠ることができない、と判断する。

「大丈夫?」と多くの人から尋ねられたのだけど、何が大丈夫なのか、大丈夫でないのか、

まったくわからない状態で、「なんか、わからない」と答えるのがやっとだった。

ただ、ここで眠ることはできない、そう判断した。

そんな私に手を差し伸べてくれる人や組織がそばにあり(正直、びっくり)

ただいま、そんな周囲の善意に甘え、避難生活中。

 

「旅をしていると思えばいい。数日ごとに宿を変え、フラフラ旅をしてきたし」

そう気持ちを切り替えようとしたけれど、

旅は安全で、私の帰りを待ってくれている(消滅しない)、戻る場所があるから

呑気にフラフラできるわけで、それを失うというのは、こんな気持ちになるのか、と痛感。

安全な、戻る場所があるというのは、こんなにも素晴らしいことだったんだ、

当たり前のことだと思っていたけど、ちっとも、当たり前ではないんだ。

、、、少なくとも、今の私には。

 

多くの自然災害が人々を襲う。一瞬にして家を失い

体育館や避難所で暮らす人を、私はテレビでしか見たことがない。

とりあえず、安全な場所にたどり着けてよかったね、

人はそう思う、私だってそう思っていた。

安全な場所にたどりついた、よかった、確かにそうだ。

でもそれでは話は済まない。

安全な場所にたどりついたのち、これからどうなっちゃうんだろう?という

漠然とした不安に襲われる。この「漠然とした」不安というのは、

ボディーブロウのようにじわじわと「効いて」くる。

避難生活で心身ともに疲れ、

鬱になったり自害してしまう人の気持ちが理解できる、今なら。

 

 

私はこの先、「死なない程度」に生きていくんだろうな、

そしてなんだか周囲に人々の善意が溢れていて、安全な我が家は今、ないけれど

心温まり、周囲にいてくれる人々が、実は人間じゃなくて

神様なのではないか?と思え、何かに守られている感を、ものすごく感じる、

帰る家、ないけど!!

 

望んでないのに、新しい場所での生活のために動き出す。

一生、定住なんてできないのかもしれないな、自分の意思は関係なく

放浪するかのように生きていくのかもしれない。

「それも、案外悪くない」

3か所目の善意の下で、ふとそんなことを思う2週間目の避難生活。

 

ご来場ありがとうございました

台風近づく中、girl’s party にご来場いただきましてありがとうございました。

 

FullSizeRender 3
party はチャイとともに始まる

ビル街に佇む五反田の家。道に迷われてしまった方、多数。

Tigress YogiのHPをご覧いただいて、ご来場の方、

ちょぴり怪しげな昭和の家の引力に引かれてご来場いただいた方、

そして今回は三人での催事だったため、しでかす、sizucaのお客様にも

お会いできて楽しいひとときとなりました。

 

 

IMG_2301

ご来場の方々には、チャイをふるまわせていただきました。

今回はシナモンとカルダモンのマサラチャイ。

 

IMG_2296

室内催事は初めてだったため(いつも青空の下)、

ゆっくりと御覧いただけたかと思います。

 

そして会場となりました「五反田の家」は50年は経つとても古い建物で、

撤収作業が終わったのち、平成の時代にこんなのまだ残っていたの?の、

ものがちらほら。

IMG_2310

板チョコですか?のような、冷風機。

クーラーではありません。

水に風を送り冷たい空気を送り出す冷風機。

、、、、インドでは今も現役だったりしますが。

 

IMG_2312

ブレーカー。なのですが、銅板を接続させてなんとかかんとか、、、で

一度落ちてしまうと、単に上げるだけでは済まされない仕組みらしい。

 

IMG_2309

卯釈迦の占いブースを見下ろしていたのに、気づきましたか?

 

FullSizeRenderご来場いただきまして、本当にありがとうございました。

 

内なるマジック

2017-10-17_1093

ペンシル型の研磨済クリアクォーツ。

ペンダントヘッドを制作中。

内部は限りなくクリアで、先端付近には緑泥が含有されています。

 

角度を変えてみてみると、、、、

 

2017-10-17_1098

クラックの中から美しいレインボーが現れます。

ちなみに、対角の柱面からもレインボーが現れます。

 

ちょっと見るだけでは発見できない、様々な角度から眺めて。

そして光の当たる角度にも左右される。

様々な方向から眺め、観察したときに現れる内なるマジック。

これだからクリスタルはやめられない!と思う。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

先週からご紹介していますマクラメアクセサリーは、

今週末の催事「girl’s party」にて展示販売いたします。

催事のご案内 girls party@五反田

 

gotanda

 

う~ん。この一般家庭っぽい扉を開けるのには少し勇気がいるかもしれない。

間違えて本当の民家の扉を開けちゃったらどうしよう?とか。

扉を開けた方々の勇気を称え、チャイを振舞います!ので、ぜひ遊びきてください。

五反田の家Facebookページ

 

 

 

来週末は、girl’s party

 

2017-10-15_1073
静寂の青い石

 

来週末の催事girl’s partyに向けて追い込みに入っています。

いや、追い込まれています。

 

青い石を使ってペンダントを制作。

アクアマリン、カヤナイト、クリソコラ。

青い石を手にして集中しているとき、ふと自分の小さな世界、

静寂の世界に入り込む。それはとても居心地がよく

ふと、声にならない声が聞こえてくるときがある。

 

「とにかく、リラックスすること。そうすると感覚が研ぎ澄まされ

いろいろなことがわかってくるよ」

その昔、美しい瞑想をする人に、どうしたらそんな状態になれるの?と、

バカみたいな質問をしたときに返ってきた言葉。

なんとなく、今となれば、少しだけ、わかるような気がする。

 

ストレスフルな現代社会。なかなか究極までリラックスすることは難しい。

いや、ストレスなんてないよ、と思っていても、

「なにかが」少しだけ引っかかっていたりする。

 

私にとって青い石は、自分自身と外の世界を冷静に眺めることができるアイテム。

しばし、青い静寂の中でさまよう。

 

催事のご案内 girls party@五反田

催事のご案内 girls party@五反田

先週あたりに、駅前でホットな事件が起きたばかりの五反田ですが、

そんな五反田で、今月催事を行います。girl’s party

(チラシは一番下に出てきます)

日時:10月21日(土)、22日(日)11:00~19:00

もちろん、入場料は無料です

場所:五反田の家(GOT&A) 五反田の家Facebook

東京都品川区西五反田7-17-7

JR・都営浅草線・東急池上線五反田駅徒歩7分

五反田TOCビルのすぐ近くにある一軒家

 

3人の大人の女性が疲れたこころとからだをゆったりする大人の女子会。

着ぐるみ占い師・卯釈迦(ウーシャカ)先生は、悩める子羊たちに道しるべを。

チャンピマッサージのsizuca は頭部、首、肩、背中に働きかけるホリスティックなマッサージ

そしてわたくし、Tigress YogiのAyaはマクラメアクセサリーの販売をいたします。

どんな石を選んでいいか迷うな、という方にさりげなくアドバイスいたします。

 

五反田という街は、実は大昔、なんちゃってOLをしていた時に働いていた町。

当時は、オフィス街と風俗街がごちゃ混ぜになった谷間の街、、、という認識で

なかなか香ばしい香りのする土地柄だな、と思いつつも通っていたのですが。

そんなビルの谷間にひっそりたたずむ「五反田の家」

こんなところに、民家なんてあったんだ!

gotanda.jpg

「ここ、本当に会場なの?」ひっそりとたたずむ昭和の民家。

ためらうかもしれませんが、勇気を出して扉を開けてください。

 

今回、初めての屋内催事。

卯釈迦先生のアドバイスを頂いたあとに・とろけるようなジャンピマッサージのあとに

そして、じっくりと石を選んでいただく合間に、わたくしが

インド仕込みのマサラ・チャイをそっとお出しする予定です。

作り置きなんかでなく、ちゃんと煮込んで作りますよっ。

 

そんなわけで、おっきくチラシはこちら↓(PDF化がどうしてもできないだけです)

 

IMG_2251

しっとりと、秋

こうやって撮影撮影しているときも掌がこそばゆくなる石

ホワイトラブラドライト。

高ぶっった感情を落ち着かせてくれる魔法の石。

夏から秋にかけての季節の変わり目に久々がっつり体調を崩し 自分このまま

ダメに なってしまうのではないか?と

ココロまで弱り切っていた2週間。

その間は、とても石なんて見る気力もなく。

復活して、最初に指先を動かし始めたときにチョイスしたのが、この石。

やっぱり、自分にも必要な石だ。

この作品が完成したら、自分用にホワイトラブラドライトでペンダントを作ろう。

そう心に決める(今年こそ!)

 

さて。

 

10月の後半に、都内で催事をします、ガールズ・パーティ。

石と占いとマッサージ。

3人の女性が、時が停まったかのような民家で2日間だけ、

パーティーを開催。

詳細は決まり次第、お知らせいたします。

 

 

今年の秋は、本当の本当に秋らしい秋。

金木犀の濃厚な香りが漂う、秋。

その反面、私も含めて体調を崩している人も多し。

いろいろな意味での季節の変わり目。

パーティーに集う人の、シフトチェンジをお手伝いできればな、と思っています。

 

 

夏のあいだに

2017-08-01

2017-08-02

 

まだまだ暑いよ、と体感しながらも木々や草花は少しずつ秋の準備に入っている。

自然ってすごいな、四季があるって素敵だな、と思える瞬間。

 

いつまでたっても愛で地球を救えないテレビ番組が始まるとき、

夏の終わりを実感する。

 

体調管理がとても難しかったこの夏。

それでも指先は動き、石に触れる生活は変わらず。

夏の始まりからずっと取り掛かっていたのは、結構な数のオーダー作品。

写真はその一部。

研磨されたルースとは違いセットする角度や微妙な固定の幅で表情がまったく

異なってくる原石のアクセサリー。

難しいのだけど、作り甲斐のある作品です。

 

納品が終わって、次のプランに取り掛かる準備をしていると、

もう、夏が終わる。

 

なぜだか。

夏の終わりは、いつも いつも 一瞬、子供時代をふと思い出す。遠い昔のことだけど。

長い夏休みって、親にとってはいろいろ大変なんだろうけど、

子供にとっては、そして大人になって振り返ると

何物にも縛られない(宿題は大変だけど)とても貴重な時間なのかもしれない。

 

 

光を身に着ける

2017-07-16_0818

 

久しぶりの新商品のご案内です。

ガネーシュヒマール産のクリスタル原石のペンダントトップ3点。

しばらく原石を使ったアクセサリーの制作に没頭していたのですが、

やはりネパールのクリスタルでも作ってみたい、、ということで、

作ったペンダントです。

 

キーワードは、「光を身に着ける」

胸元に無色の光が輝いていたら、素敵だな。

太陽光の反射が綺麗な3本の原石を厳選しました。

できるだけクリスタルに光が取り込めるように

しっかり固定しながらも、透かし編みの装飾を施しました。

 

Crystal pendant  1
http://tigressyogi.com/?pid=120184928

一番大きな原石。コーヒーブラウンのコードで編み上げています。

側面内部のクラックからレインボーがさりげなく現れます。

 

Crystal pendant  2
http://tigressyogi.com/?pid=120184971

小さなシングルポイントが共存するクリスタルです。

 

Crystal pendant  3
http://tigressyogi.com/?pid=120184976

一番小さめクリスタル。側面に緑泥が付着しています。

 

太陽の輝かしい季節。

胸元に発光するかのような、光と共に。

そして夏がやってくる。