持ち主の処へ旅するクリスタル

ある年のネパール滞在中の時のこと。
インドを旅している友人から
「自分のための、クリスタルを探してくれないか?」とメールがきた。
問題ない。今日からクリスタル探しを始めたところだ。
なんのために使いたいのか?どんな形のものが欲しいのか?
聞く必要はなかった。
メールを読んだ瞬間、すでに彼のためのクリスタルが映像として私の中に入ってきていた。
その形、大きさ、輝き、そして手にしたときの感触。
当たり前のことだが首都カトマンドゥにはクリスタルを扱うお店はたくさんある。
どんなものでも人のために探すのはなにかと迷うものだが、迷う必要はまったくない。
私の中に入ってきたイメージの「そのクリスタル」を見つけ出せばいいだけのこと。

しかし、私が滞在していた時期が悪すぎた。
2001年あたりからネパールは政治的問題で不安定な時代に入っていた。
前国王の射殺事件、そしてマオリスト(毛沢東主義者)の台頭。
3日に一度の割合でストライキが起こり街中の店は閉まる。
デモも頻繁に行われていた。

地方から首都に通じる幹線道路もマオリストの勢力下にあるため、
交通も断続的にマヒをしている。
数日おきに手当たり次第クリスタル屋を覗き、
「新しいクリスタルは入ってきたか?」と聞いてもよい返事は返ってこなかった。
「道が封鎖されていてクリスタルが山から下りてこないんだ」と店主達は口をそろえる。

困ったな。自分のためのクリスタルはすでにいくつも手に入れた。
しかし、友人のためのクリスタルだけがどうしても見つからない。
すでに一ヶ月が過ぎようとしていた。

日ごとに増す寒さ、街中に漂うなんとも張り詰めた緊張感。
そんな状況の中に一ヶ月もいると、やはり堪える。
そこで気分転換も兼ねて、ポカラという街へと脱出した。
マチャプチャレ(という山)が街のどこからでも眺めることができる。
居心地の良い宿を見つけ、日々ヨガと瞑想、散歩を楽しんだ。
毎朝ホテルの屋上で山々と向かい合いクリスタルと瞑想。
いい感じだ。
しかし、だ。あとどのくらいネパールへいるべきか?
友人のための石は見つけ出すことができるのか?今回は諦めるべきか?
ネパールの後、インドに戻るか?それともバンコク経由で日本帰国か、、、、
なかなか答えが出ずにいた。

10日も過ぎようとしていたある日の朝、
「今日の瞑想用のクリスタル」を選び、いつものように瞑想に入る。
その日選んだクリスタルを瞑想に使うのは初めてだった。
そのクリスタルのことを私は「双子の石」と名づけていた。

私の東京の部屋、祭壇に「私の中心の石」と名づけた一つのクリスタルがある。
もちろんネパール産だ。
その石は私の分身、私を映し出す鏡でもある。
(あつかましいが、大変美しいクリスタルである)
もしかしたら、こうありたい、という私の理想の存在かもしれない。

今回出会った「双子の石」は、「私の中心の石」の片割れだった。
陰と陽、月と太陽、、、上手く説明できないが、ペアーの石たち。
「双子の石」はネパール到着の翌日に出会った。
「私の中心の石」の片割れだ、日本に連れて帰ってあげよう、
そして、ふたり並べて祭壇に座らせてあげよう、数少ない帰国後の楽しみだった。

しかし、その日「双子の石」との瞑想中に受け取った言葉は意外なものだった。
「双子の石はあなたのものではない。あなたが探している友人のための石だ」
そんなはずはない。彼の石のビジョンはとっくに受け取っている。
似ても似つかないものだ。違う。
しかし、受け取ったその言葉は絶対的なものだった。

瞑想を終え、部屋に戻る間に既にこれから自分のすべきことは分かっていた。
ネパールを離れよう、今回の用事は済んだ。
しかし、どうやってこの石を旅先の友人に渡したらよいのだろう?
インドに戻るか、バンコクに戻るか?
その前にカトマンドゥに戻らなければならない。
カトマンドゥの常宿に戻ることを伝える必要があった。
インターネットカフェでメールを開くと、
一ヶ月以上音信不通になっていた「新たな石の持ち主」である友人からのメールがきていた。
これからバンコクに戻る、と。

一週間後、私はクリスタルを携え友人とバンコクで再会した。
彼にとってはそれが初めてのクリスタルだった。
少し石についてのレクチャーが必要かと思っていたが、
まったくその必要はなかった。
彼はあっという間にかつて私の「双子の石」とコミュニケーションを取りはじめた。
とても親密に、完璧に。

クリスタルはちゃんと自分の持ち主をわかっているのだ。

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です