動く、揺れ動く季節

FullSizeRender

 

厳しい冬が終わり、色鮮やかな植物たちが芽吹く季節が待ち遠しい。
マラカイトの鮮やかなグリーンと共にそんな季節を心待ちにしている今日この頃。
秋から冬にかけて毎年、冬眠する熊のように食欲旺盛で、

冬がやってきても生命維持機能が働くせいか、過食ではないか?と自分でも心配になるほどの

食欲も収まり、嗚呼、本当に春がやってくるのだな、と胃袋が教えてくれる。

もう、厳しい冬が終わる、生命維持機能解除。

 

卒業、進学、人事移動など、環境が変わりやすい季節。

それはココロにも少なからず影響して、浮わついたり、穏やかになれないこともある。

もちろん、希望で胸が高まることもある。

そんな環境の変化がココロを揺れ動かすのも事実なのだけど、

卒業も進学も人事移動もない生活を送っている私でも、この季節は毎年どうも落ち着かない。

草木が芽吹くように、人間の脳内でも何かが芽吹くからではないか?と

密かに思っている。

ケアレスミスを起こしたり、約束を忘れたり

「なんか、ちょっと、歯車がかみ合っていないな」と注意が必要な季節だと認識している。

いつもより丁寧に瞑想をする。

そんな瞑想中、浮かび上がる言葉。
石のように冷静であれ。静であれ。

変化が訪れても新境地に到達しても心の何処かに静をキープしろ。

それがキープできるなら、どんな変化の波に乗ろうと恐ることはない。
できることなら、変化を楽しんでいたけど、

そんな余裕がないことだってある。

だから。

心の片隅でもいいから、静を維持する。

一見、役に立たなそうなことかもしれないけど

結構、こういうことが大事だったりする。

瞑想から戻って静の石を眺めながら

静をキープできてるか?と自分自身に問いかける。

投稿者:

tigressyogi

1969年冬・東京に生まれる 世界放浪中にクリスタルの美しさに心を奪われ クリスタルショップ Tigress Yogi を立ち上げる 筋金入りの偏頭痛持ちだか、日本を離れるとなぜか頭痛は消える 米国クリスタルアカデミーIntermediateコース終了 出没地:インド、ネパールその他山岳地帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です